JR山手線 駒込駅通過のトラブル ブレーキのタイミング間違え

JR山手線 駒込駅通過のトラブル ブレーキのタイミング間違え
23日午前、東京のJR山手線で電車が駒込駅を通過し、駅に戻れないまま次の巣鴨駅に向かうトラブルがありました。
JR東日本によりますと23日午前11時前、JR山手線の内回りで、電車が駒込駅の停止位置をおよそ8メートル行き過ぎて止まりました。

電車を駒込駅に戻すためにバックさせると、踏切が誤作動を起こすおそれがあったため、そのまま次の巣鴨駅に向かわせたということです。駒込駅で降りる予定だった乗客はおよそ150人だったということです。

JR東日本によりますと運転士が駒込駅に到着する際にブレーキのタイミングを間違えたのが原因だということでJRでは「お客様にご迷惑をおかけし申し訳ございません」と話しています。