韓国大統領 法相辞任「重い責任感じる」 日韓関係には言及せず

韓国大統領 法相辞任「重い責任感じる」 日韓関係には言及せず
韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、国会で演説し、側近のチョ・グク氏が法相を辞任したことを念頭に、「重い責任を感じる」としながらも、重要課題に掲げる検察改革については、「国民のための機関という評価を受けられるときまで改革をやめない」と強調しました。一方、日韓関係について踏み込んだ言及はありませんでした。
韓国のムン・ジェイン大統領は22日午前、国会で施政方針演説を行いました。

この中で、重要課題に掲げる検察改革を進めるため、法相に任命した側近のチョ・グク氏が一連の疑惑を受けて辞任に追い込まれたことを念頭に、「政府は特権や不公正をなくすために努力してきたが、国民の要求はそれよりはるかに高かった。大統領として重い責任を感じる」と述べました。

そのうえで、「検察が絶対的な権力ではなく、国民のための機関という評価を受けられるときまで改革をやめない」と述べ、検察改革の関連法案の処理を急ぐよう呼びかけました。

一方でムン大統領は、日本政府が韓国向けの輸出管理を強化したことを踏まえて、「数十年間できなかった素材や部品の国産化や輸入多角化で、わずか100日にして成果が出ている」と強調しましたが、日韓関係について踏み込んだ言及はありませんでした。

ムン大統領は、来月9日で5年の任期を折り返しますが、経済の減速や南北関係の停滞もあって、就任以来初めて支持率が40%を割り込んでおり、来年4月に総選挙を控えて、厳しい政権運営を迫られています。

南北関係「平和のために対話の努力尽くさなければならない」

また、ムン・ジェイン大統領は、「朝鮮半島は今、恒久的な平和に向かう最後の峠を迎えている。私たちは歴史の発展を信じて、平和のためにできる対話の努力を尽くさなければならない」と述べ、対話の重要性を強調しました。

その一方で、「相手があることで、国際社会とも協力しなければならないので、自分たちが思うように対話に向けて速度を出すことができていない」と述べ、朝鮮半島情勢が難しい状況にあるという認識を示しました。

ムン大統領は、経済や人的交流の拡大などを通じて平和経済の基盤構築に努めると表明したうえで、「北の明るい未来も、その土台の上でのみ可能になる」と述べ、北朝鮮に協力を呼びかけました。