1週間余りぶりに水が出た!台風19号の断水ほぼ解消 福島 相馬

1週間余りぶりに水が出た!台風19号の断水ほぼ解消 福島 相馬
台風19号の豪雨で断水が続いていた福島県相馬市では、21日午後6時までにほとんどの地域で解消し、1週間余りたってようやく蛇口から出た飲み水に喜びの声が上がりました。
福島県内では浄水場や配管が壊れるなどして、21日午前9時の時点でおよそ6万戸で断水が続いていました。

このうち、
▽相馬市のほとんどの地域、
▽新地町全域、
▽南相馬市鹿島区のほとんどの地域、合わせておよそ2万3000戸で安全性が確認されたということで、21日午後6時までに飲料水の供給が再開されました。

相馬市役所の近くで割烹店を営む佐久間善彦さん(62)は、断水のあと料理に使う水を親戚などに運んでもらって営業を続けていたということで、ようやく使えるようになった水道の水で早速、調理を始めていました。

佐久間さんは「飲み水が使えるようになって安心しました。これで、休業していた周りのお店も徐々に再開すると思います」と話していました。