セブン‐イレブン 加盟店の24時間営業見直しを本格化

セブン‐イレブン 加盟店の24時間営業見直しを本格化
k10012142651_201910211815_201910211816.mp4
人手不足が深刻になる中、コンビニ最大手のセブン‐イレブン・ジャパンは、加盟店が営業時間を短縮する場合のガイドラインをまとめました。来月以降、ガイドラインに基づいて、24時間営業の見直しが本格的に進んでいくことになります。
これはセブン‐イレブン・ジャパンの永松文彦社長が、記者会見して明らかにしました。

ガイドラインでは、ブランドの使用料などとして加盟店が本部に支払う「チャージ」と呼ばれる費用について、営業時間を短縮すると、24時間営業の場合に2%減額されていた措置を受けられなくなることなどが盛り込まれています。

また、短縮する時間帯などについて本部と合意したうえで、最終的な判断は加盟店のオーナーが行うとしています。

人手不足の深刻化を背景に、セブン‐イレブンは24時間営業を柔軟に見直す方針を示し、ことし夏のアンケート調査では営業時間を短縮する実験を実施もしくは検討しているのが、回答した店舗の15%にあたる2200店舗に上っています。

来月1日から、まず8店舗が正式に営業時間を短縮する予定で、今後、24時間営業の見直しが本格的に進んでいくことになります。

セブン‐イレブン・ジャパンの永松社長は記者会見で「人手不足によって24時間営業がやりたくてもやれない店がある。社会変化の状況ににあわせて柔軟に対応していく」と述べました。