漫画家 吾妻ひでおさん死去 路上生活体験「失踪日記」が話題

漫画家 吾妻ひでおさん死去 路上生活体験「失踪日記」が話題
みずからの路上生活体験を描いて話題となった「失踪日記」などの作品で知られる、漫画家の吾妻ひでおさんが、今月13日、東京都内の病院で亡くなりました。69歳でした。
吾妻さんは昭和25年に北海道で生まれ、昭和44年に「リングサイド・クレージー」で漫画家としてデビューしました。

昭和50年代にかけて「ふたりと5人」や「不条理日記」、それに「オリンポスのポロン」など数多くの作品を連載し、ナンセンス漫画やマニアックなSF漫画から少女漫画まで、幅広いテーマの作品を手がけてファンの支持を集めました。

その後、アルコール依存症に苦しみ、二度にわたって失踪して路上生活を送ったこともありましたが、平成17年に路上生活の実体験をユーモアを交えて描いた「失踪日記」を出版すると大きな話題となり、漫画やアニメーションの優れた作品を表彰する「文化庁メディア芸術祭」漫画部門の大賞に選ばれました。

また、日本のいわゆる「おたく文化」を描く漫画家として海外でも高い評価を受け、ことしもイタリアの漫画賞を受賞していました。

関係者によりますと、吾妻さんはおととし、食道がんであることをみずから公表し、闘病生活を続けていましたが、今月13日、東京都内の病院で亡くなりました。69歳でした。