KAT-TUN元メンバー田口被告らに執行猶予付き有罪判決

KAT-TUN元メンバー田口被告らに執行猶予付き有罪判決
人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバーの田口淳之介被告と同居していた元女優が、大麻を所持した罪に問われた裁判で、東京地方裁判所は2人に懲役6か月、執行猶予2年を言い渡しました。
KAT-TUNの元メンバー、田口淳之介被告(33)と、同居していた元女優の小嶺麗奈被告(39)の2人は、ことし5月、東京・世田谷区の自宅マンションで大麻を所持した罪に問われました。

2人は、ことし7月の初公判で罪を認め、検察は懲役6か月を求刑していました。

21日の判決で、東京地方裁判所の長池健司裁判官は「事実を認めて反省の態度を示しているうえ、大麻の入手先も供述して関係を絶っている」として、いずれも懲役6か月、執行猶予2年を言い渡しました。

この裁判は、ことし7月に判決が言い渡される予定でしたが、検察の請求で延期されていました。

検察官は21日の法廷で「厚生労働省麻薬取締部から『2人の自宅を捜索した際に撮影した動画をマスコミに提供した』と連絡があったため、問題がないか詳しく調べる必要があった」と説明しました。

そのうえで検察は、捜索の手続きや押収した証拠には「問題ない」と結論づけたということです。