ラグビー日本 世界ランキング8位に後退 昨夜の敗戦で

ラグビー日本 世界ランキング8位に後退 昨夜の敗戦で
ラグビーワールドカップの準々決勝で、20日南アフリカに敗れた日本は最新の世界ランキングで8位に後退しました。
ラグビーの世界ランキングはワールドカップを主催する国際統括団体、「ワールドラグビー」が各チームの試合結果をポイントに換算していて、ワールドカップの期間中は各試合を終えるたびに更新しています。

ワールドカップで史上初めてベスト8に進んだ日本は、20日の準々決勝で強豪の南アフリカに3対26で敗れて大会を終えました。

日本は、先に行われた準々決勝の試合で上位のチームが敗れたため、試合前の段階では世界6位まで浮上しましたが、準々決勝の結果を受けて8位に後退しました。

トップ10では準決勝に進んだニュージーランドが1位、イングランドが2位、ウェールズが3位、南アフリカが4位となっています。

準決勝は、今月26日にイングランド対ニュージーランド、27日にウェールズ対南アフリカがそれぞれ横浜市で行われます。