台風から温帯低気圧に 被災地 洪水の危険性高まるおそれ

台風から温帯低気圧に 被災地 洪水の危険性高まるおそれ
台風20号から変わった温帯低気圧が近づいているため、近畿や東海などで局地的に雨雲が発達しています。22日は関東甲信や東北など台風19号の豪雨の被災地でも雨が降る見込みで、洪水の危険性が高まるおそれがあり、警戒が必要です。
気象庁によりますと、台風20号から変わった温帯気圧が近づいているため、西日本や東日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、近畿や東海などで局地的に雨雲が発達しています。

22日は低気圧が近畿から関東の南岸へ進む見込みで、広い範囲で風が強まり波が高くなるほか、太平洋側を中心に局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

22日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽東海で300ミリ、
▽近畿と伊豆諸島で200ミリ、
▽関東甲信で150ミリ、
▽北陸と東北で80ミリと予想されています。

その後、22日夕方までの24時間には、東北で50~100ミリと予想されています。

関東甲信や東北など台風19号の豪雨の被災地でも洪水の危険性が高まるおそれがあり、気象庁は警戒を呼びかけています。

台風21号 温帯低気圧に変わり日本の東海上へ

非常に強い台風21号はマリアナ諸島付近にあって、勢力を強めながら小笠原諸島付近へと進む見込みです。

その後、温帯低気圧に変わりながら日本の東の海上に達する見通しで、今後の情報に注意が必要です。