日本の挑戦終わる ベスト4は届かず 闘いを終え選手たちは…

日本の挑戦終わる ベスト4は届かず 闘いを終え選手たちは…
k10012141311_201910202218_201910202219.mp4
日本の快進撃は、準々決勝で終わりました。
ラグビーワールドカップ日本大会で日本は、準々決勝で強豪の南アフリカに3対26で敗れ、初のベスト4入りはなりませんでした。
1次リーグ4戦全勝で、9回目の出場で初めてベスト8に進んだ日本は、20日夜、準々決勝で優勝候補の一角、南アフリカと、東京 調布市の東京スタジアムで対戦しました。
日本は前回大会で歴史的な勝利をあげた相手に、開始早々の前半3分、スクラムで押し込まれたあと、パスをつながれてトライを奪われて先制されました。
このあと南アフリカの選手が危険なタックルで一時退場となりました。日本は、1人多い有利な時間帯にスクラムで相手の反則を誘い、19分に田村優選手がペナルティーゴールを決めて3対5と詰めよって前半を折り返しました。
しかし後半は、出だしから日本に反則が相次ぎ、20分すぎまでにペナルティーゴールを3つ決められ、じわじわと引き離されました。
さらに日本は後半25分にモールで押し込まれてトライを許し、その直後にも相手にボールを奪われて素早いパス回しで展開され、この試合3つ目のトライを奪われました。
日本は、相手の素早く力強い守備に阻まれてトライをあげられずに3対26で敗れ、初のベスト4入りはなりませんでした。
それでも地元で初めて開かれたワールドカップを過去最高の成績となるベスト8で終えました。

堅い守り崩せず

日本は、南アフリカの最大の強みである体の強さを前面に出した堅いディフェンスを最後まで崩すことができませんでした。
日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチは試合前、「南アフリカはフィジカルで日本に圧力をかけてくる。大きな体を生かしてわれわれを潰しにくる」と警戒していました。
南アフリカの先発メンバーは、平均身長と体重がともに日本を上回っていて控えメンバーの8人のうち6人をフォワードにするなど、体の強さを前面に出した力勝負をしてくることは明らかでした。
日本は密集での攻防で素早いサポートを徹底できるか、効果的にキックを使いながら素早い展開につなげられるかがカギでしたが、南アフリカのディフェンスの出足が早いうえ1本1本のタックルも重みがあり日本はボールを下げざるを得ず、得意の形に持ち込むことができませんでした。
さらに南アフリカは後半、控えのフォワードを次々に投入することで勢いが落ちることはなく、スクラムなどのセットプレーで日本の反則を誘い、ペナルティーゴールでじわじわとリードを広げるなど最後は地力の差を見せつけられました。
日本はこれまで強豪相手にフォワードどうしの競り合いで互角以上の戦いをして試合の流れをつかんできましたが、今回は、ワールドカップの舞台で雪辱に燃える南アフリカに十分な対策をとられた形となりました。

ジョセフHC「チームすべてに誇りを持っている」

日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチは試合後の会見で「試合に出ていない選手も含め、日本のチームすべてに誇りを持っている。また、私たちが振り返ると多くのファンがいて、すばらしい応援が力になった。最後の5分は20点以上の差がついていたが、選手たちはけがをしてても諦めずとにかく立ち上がって試合をした。諦めなかったということはコーチとしてうれしく、ワールドカップが終わってもこの誇りを忘れない」と試合を振り返りました。
そして、「多くの人たちのたゆみない努力が結果に結び付いた。チームのみんなが貢献してくれて、今までのことが達成できた。この達成を味わいたい」と日本代表をワールドカップで史上初のベスト8に導いたことなどを喜びました。
そしてこの3年間の指揮について「日本の選手たちはメンタリティーが変わり信念と自信ができた。自分のやっていることに対していかなる状態であっても自信を持つことができた。これはいちばん大きな達成だ。自分たちと仲間を信じることが非常に重要で、それが私の仕事だ。私たちはよい状態なので、これを続ければよいと思う。日本では育成が進み、若い選手も成長しており、日本の将来を担うと思う」と日本代表がさらに成長できるという認識を示しました。

リーチ主将「下を向く時間は必要ない」

日本代表のキャプテン、リーチ マイケル選手は「正直な気持ちとして、このチームのキャプテンができて、本当に誇りに思う。『ワンチーム』を作り上げ、勝つためにできるすべてのことをやってきた。きょうの試合ですべてを出したが、南アフリカがすばらしく、強みのモールやスクラムを徹底的にやってきた。80分間、戦い続けたのが日本の強さで、誇りを持っている。多くのサポーターに心から感謝したい」と振り返りました。
そのうえで、試合終了後、グラウンドでチームで円陣を組んだ際に、仲間に向かって、「下を向く時間は必要ない。胸を張ろう。このチームを作りキャプテンをできたことを誇りに思う。選手一人一人も誇りに思うべきだ。今後の態度や姿で見せることが大事だ」と伝えたことを明かしました。

トンプソン「いろいろな意味で寂しい」

チーム最年長38歳のトンプソン ルーク選手は、今シーズンかぎりでの現役引退を表明していて、ワールドカップでの南アフリカ戦が代表最後の試合となりました。
試合後、トンプソン選手は「いろいろな意味で寂しい。日本代表として最後の試合になったことについての気持ちは難しくてことばにできない」と声を詰まらせていました。
そのうえで「準々決勝を戦えたことが信じられない。このチームはすばらしい。日本の皆さんの応援もすばらしかった。誇りに思います」と話し、目を潤ませていました。
代表初出場から12年、トンプソン選手は4大会連続出場となった今大会、持ち味である豊富な運動量と献身的なプレーで日本の史上初のベスト8進出を支えました。
また、今大会では、5試合中、4試合に出場して、ワールドカップの通算出場試合数を14に伸ばし、みずからが持つ日本代表の歴代最多記録を更新しました。
トンプソン選手はトップリーグの下部リーグの近鉄に所属していて、チームによりますと来月から来年1月まで行われるリーグ戦が現役選手として最後のプレー機会になるということです。

堀江「最高のチーム」

フッカーの堀江翔太選手は「自分たちがしてきたことをすべて出すことができた。最高のチームで、最後まであきらめない姿勢を全員が持っていた。次の若い世代が僕たちの姿を見て、上に上がろうという気持ちを持ってくれたら幸いだ」と話していました。

福岡「これからは東京五輪へ」

ウイングの福岡堅樹選手は「すべての面で相手が一枚上手だった。ベスト4より上を目指しているチームと、自分たちとの力の差を見せつけられました」と悔しそうな表情で話していました。
福岡選手は将来的に祖父や父と同じ医師の道に進むため、今大会を最後に15人制の代表から引退し、7人制で争われる来年の東京オリンピックを最後に選手を引退する意思を表明しています。
これについて福岡選手は「15人制の代表はきょうで最後になります。今回の経験は日本のラグビー界にとっても、自分自身にとっても大きな経験になりました。これからは東京オリンピックに向けて一から頑張りたい。また今回、感じたものを生かしていきたい」と話しました。

田村「次へのバトン渡しは完了した」

スタンドオフの田村優選手は、「敵も味方も陣形が整わない、『アンストラクチャー』の状況を作ろうと話していて、チャンスを作ることはできたが、前半、相手の選手が1人、10分間の退場になったことでいろんなプランができて逆にぶれてしまった。本当はもっと蹴りたかった」と振り返りました。
また、後半8分で退いたことについては「ケガをしてハーフタイムで注射を2、3本打ったが、話すのもキツい状態だった。まだプレーはできたが、相手のプレッシャーもあったので」と満身創いの状態での交代だったことを明かしました。
そのうえで、「間違いなく史上最強で最高のチームだった。このチームが大好きなので、負けたことよりも終わった悔しさが大きい。5週間、プレッシャーの中でラグビーを続ける難しさを感じたし、5試合連続で出る選手が多かったので、体とメンタルのコンディションを整えるのが難しかった」と大会全体を振り返りました。
さらに今後については「自分が代表に入った時よりはいい状態で終われたというか、次へのバトン渡しは完了した。このレベルでラグビーをやるのはこれが最後だと思う」と話し、代表からの引退を示唆しました。

稲垣「やるべきことはたくさんある」

プロップの稲垣啓太選手は「1発勝負の試合は、スクラムなどのセットプレーが重要になると理解していた。前半は上手くいったが後半に南アフリカが勢いに乗ってしまったのは、間違いなくセットプレーが起点だった。スクラムでペナルティを与えてしまったことが勝敗を分けた」と悔しそうに振り返っていました。
スクラムで劣勢になった原因については「レフェリーのコールがうまく聞こえず、タイミングで後手に回ってしまった。日本はディテールの部分を積み上げてきたが、この試合はディテールで南アフリカが上回った。相手がすばらしかった」と話しました。
ただ、大会全体を通しては「長谷川慎コーチのスクラムが、世界に通用すると示せたことを選手全員が喜んでいる」と収穫も口にしました。
そのうえで「ただ1つはっきりしているのは、また4年後に向けた準備が始まるということだ。次の目標を達成するために個人個人、何が必要で何をやらないといけないかを理解しないといけない。すぐにトップリーグも始まるし 日本のラグビーを発展させる使命も感じている。同時進行でやっていくし、まだまだやるべきことはたくさんある。もっともっと強くなってまた4年後この舞台に戻ってきたい」と目を潤ませながら話しました。

中村「ここで終わって悔しい」

力強いタックルで今大会の日本の躍進に貢献したセンターの中村亮土選手は「悔しいです。優勝を目指しているチームは強かった。大会期間中、楽しめたし、ぎりぎりの戦いの中でやれたのはラグビー選手として光栄だ。まだまだ伸びしろがあるチームだと思っていたので、ここで終わってしまうのは悔しい」と振り返りました。
そして、「こういう負け方したので、次への思いが強くなっている」と話し、次回のワールドカップを見据えた思いを話しました。

田中「やってきたことは、間違っていなかった」

スクラムハーフの田中史朗選手は「フィジカルの勝負になると分かっていて、前半は全員が体を張っていい試合をした。しかし最後、相手にトライをとられたのは、実力がまだまだ足りないということだ。次の4年を見越して、今の代表選手や若手が頑張らないといけない」と振り返りました。
そのうえで「きょうの競技場の風景を見ると、自分たちがやってきたことが間違っていなかったと分かる。日本のラグビーが文化になりつつあって、それが僕が目指していたことなのでありがたいです」と笑顔で話しました。
そして「この2年は自分の人生の中でいちばんしんどかった。いまは試合が終わったばかりで今後については考えられない。ただ日本のラグビーを愛しているし、自分自身ももっとレベルアップしたい」と話しました。

姫野「次はチームの中心に」

若手のホープとして今大会活躍したナンバー8の姫野和樹選手は「いい経験だった。こちらの気持ちより相手の実力が上回っていた」と敗戦を振り返りました。
そして、「きょうという日を忘れずに、日本ラグビーの新しいスタートとして4年後に向けてやっていかなくてはならない。次はチームの中心として引っ張れる存在になれるように頑張っていきたい」と話し、次回の大会を目指す決意を話しました。

レメキ「7人制で五輪目指す」

ウイングのレメキ ロマノ ラヴァ選手は「南アフリカは強かった。結果も悔しいが、仲間と会えなくなるのはさみしい」と話しました。
そのうえで、「とりあえず少し休んで、これから7人制ラグビーで、来年の東京オリンピックを目指したい」と話し、新たな挑戦に決意を示しました。

松島「やりきった」

今大会、チーム最多となる5つのトライをあげたウイングの松島幸太朗選手は「南アフリカとの試合でもしっかり最後まで出し切ることができた。さらに先に行くことが出来ず、悔しい思いもあるがいまはやりきった思いの方が大きい」と振り返りました。

山中「平尾さんも見てくれていた」

準々決勝が行われた10月20日は、ワールドカップ日本大会の開催に尽力し、その成功を願いながらも3年前に53歳で亡くなった「ミスターラグビー」こと平尾誠二さんの命日でした。
平尾さんが現役時代に活躍して、総監督兼ゼネラルマネージャーを務めた神戸製鋼に所属するフルバックの山中亮平選手は「勝っても負けても胸を張れるような試合をしたいと思っていた。思い切ってプレーできたし、すべての力を出し切りました。よい試合だったと思うし、平尾さんも見てくれていたと思う」と話していました。

元代表 五郎丸さん キーワードは「36」と「12」

NHKの大会ナビゲーターを務める元日本代表の五郎丸歩さんは、今大会の日本代表について「最後までよくがんばったし、力を出し切ったと思う。ラグビー以外のところでも本当にいいメッセージを日本中に与えてくれた」とたたえました。
南アフリカ戦については、「相手は強かった。さすが優勝候補だと感じたし、日本は、本当にいろんなことを勉強させてもらった試合になった。日本の攻撃の強みを出させないように南アフリカは出足の速い守備で試合をコントロールしていた」と振り返りました。

さらに五郎丸さんは、日本が初のベスト8進出と躍進したことについて、「36」と「12」という2つの数字をキーワードにあげました。
五郎丸さんは、「『36』は、開幕戦のロシア戦でのキックの数。『12』は、1次リーグ最終戦のスコットランド戦でのキックの数で、試合によって自分たちのアタックやディフェンスといった戦術を柔軟に変えることができるようになったことが、前回大会からの4年間で大きく変わったところだと感じた」と話しました。
そのうえで「次ももう1回、ベスト8に進むことを目標にして、試合の中でゲームプランを変えられるような対応力がついていければもっと成長できると思う」と話しました。

南アフリカHC「日本に深く感謝」

南アフリカのラジー・エラスムスヘッドコーチは「準決勝に進むことができてとてもうれしい。前半は日本がすごくプレッシャーを与えてきて、ハーフタイムの時点では不安や緊張がすごくあった。選手どうしがうまく話をして苦しい状況を抜け出してくれた」と試合を振り返りました。
そのうえで、ゲームプランについては「スクラムや密集での奪い合いなど、フィジカルで勝りたかったので控えのフォワードの選手を6人に増やして試合の最後の20分にフォワードがフレッシュな状態になるようにした。リザーブのメンバーが期待どおりの働きをしてくれた」と話し、一気にリードを広げた後半のプレーに手応えを感じていました。
そして、会見の最後に「日本の国民の皆さんにぜひ言いたいのは、開催国としての日本のパフォーマンスを誇りに思ってほしいということだ。日本のラグビーはすごくいい状態だし、対戦相手のわれわれにも敬意をもって接してくれたことに深く感謝したい」とメッセージを送りました。

南アフリカのキャプテンでフランカーのシヤ・コリシ選手は、ハーフタイムでの選手どうしのやり取りについて「とにかくお互いを信じようと話し合った。モールとスクラムはうまくいっているので何も変える必要はないし、ボールを保持しようと伝えた。とにかくポジティブに話をした」と明かしました。
そのうえで、自身のプレーに関しては、「疲れたら交代させるからとにかく前半からハードにプレーしろと指示されていたのでとにかくハードにプレーした。後半、エネルギーに満ちた選手が交代で入ってチームを助けてくれた」と話していました。
南アフリカのスタンドオフ、ハンドレ・ポラード選手は、3本のペナルティーゴールを決めるなど両チーム最多の11点を挙げました。
ポラード選手は「前半からチャンスは作ったが点を取りきれない展開だったので、もう少し長く、確実にボールをキープしようと考えた。自分たちがやってきたことを出せば大丈夫だと言い聞かせていた」と振り返りました。
そして、日本については「この数週間ですばらしく成長し、信じられないほどだった。間違いなく世界の強豪10チームの『ティア1』だ。この調子で成長すればさらに上のステージに進めると思う」とたたえていました。

南アフリカで、前半途中から出場した世界最高峰のフッカー、マルコム・マークス選手は「正直に言っててこずった試合だった。日本のディフェンスは壁のようだったし、よく計算されていた」と振り返りました。
そして、日本への対策について「ボールを走らせるのがうまく、テクニックのあるチームなので、なるべくキックを使いながらゆっくり試合運びをして自分たちのペースに持ってくるのがプランだった。たくさんの準備と練習をしてきたので、勝利を勝ち取れてよかった」と話しました。