ボランティアの負担軽減へ ロボットを貸し出し 茨城 大子町

ボランティアの負担軽減へ ロボットを貸し出し 茨城 大子町
台風19号で町の中心部が浸水した茨城県大子町で、復旧作業を手伝うボランティアの体の負担を減らそうと、腰の動作を補助するロボットが貸し出され、20日から早速、現場で活用が始まりました。
貸し出されたのは、茨城県つくば市のベンチャー企業が開発した「HAL(はる)」と呼ばれるロボットで、腰に装着すると人の体の動きを捉えてモーターが働き、動作を補助して物を持ち上げる時などの負担を最大40%軽くできるということです。

久慈川が氾濫して町の中心部が浸水する被害を受けた茨城県大子町のボランティアセンターに、このロボットが6台、20日から貸し出されることになりました。

ボランティアの人たちは企業の担当者とともに被災地に出向き、早速、浸水した住宅の床板をはがしたり、流れ込んだ土砂を運び出したりする作業に当たっていました。

東京からボランティアに参加した50代の男性は「もともと腰痛があるが負担が軽減されている気がする。ロボットも利用してできる範囲で、活動に当たりたい」と話していました。

このロボットは20日から1か月ほど貸し出され、現場復旧や支援物資の運搬に役立ててもらうことにしています。