札幌 住宅地にシカ出没 警察などが捕獲検討

札幌 住宅地にシカ出没 警察などが捕獲検討
k10012140851_201910201351_201910201351.mp4
20日午前、札幌市の住宅地でシカ1頭が見つかり、警察と札幌市で捕獲するかどうかなど対応を検討しています。
警察によりますと、20日未明から午前10時すぎにかけて、札幌市西区発寒の付近でシカの目撃情報が25件、相次いで寄せられたということです。

情報を受けて、警察や札幌市の担当者が現場に駆けつけて捜索したところ、20日午前10時半ごろになって、警察官が発寒10条4丁目の住宅の敷地にいるシカ1頭を発見したということです。
警察によりますと、今のところケガ人はいないということです。

現場はJR発寒中央駅近くの住宅地で、小学校や公園、商業施設もあるほか、近くには高速道路の札樽道も走っています。

警察と札幌市で捕獲するかどうかなど対応を検討しています。

また、市では、周りに人が集まるとシカが興奮して暴れるおそれもあるとして、見かけても近づかないよう呼びかけています。

札幌市では、今月16日にも中央区のタワーマンションの敷地にシカが入り込む騒ぎがあり、この際は最初の目撃から7時間半後に捕獲されました。

近所の女性「どこから来たのか不思議」

シカを見たという70代の女性は「大きくも小さくもないシカが私の家の周りを歩いていました。めったにないことですし、どこから来たのか不思議です」と話していました。