三重県南部で記録的大雨 浸水被害も 土砂災害に警戒を

三重県南部で記録的大雨 浸水被害も 土砂災害に警戒を
三重県南部は18日うから19日にかけて記録的な大雨となり、降り始めからの総雨量が500ミリを超えた尾鷲市では、市内を流れる川の水があふれ、住宅に浸水被害が出ました。気象台は広い範囲で地盤が緩み、少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあるとして引き続き警戒するよう呼びかけています。
三重県では、尾鷲市で降り始めから19日午前11時までに590.5ミリの雨が降ったほか、志摩市で午前0時23分までの1時間に観測史上最も多い99ミリの猛烈な雨が降りました。

尾鷲市は一時全域に避難指示が出され、市は18日夜、市内を流れる沓川が三木里町で氾濫したと発表しました。

大雨から一夜明け、三木里町では住宅数棟で床上や床下の浸水被害が出ていることが分かり、このうち床上まで浸水した住宅では、住民の女性が18日夜は2階に避難し、一晩を過ごしたということです。

女性は、「足が悪いので、階段を上がるのも大変でした。いつも忘れたころに浸水被害があるので気を付けています」と話していました。

県によりますと、尾鷲市のほか、志摩市と熊野市でも住宅浸水の被害が出ているということで、熊野市は一部の地域に引き続き避難勧告を出しています。

今のところけがをした人はいないということです。

津地方気象台は、県南部では広い範囲で地盤が緩み、少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあるとして引き続き警戒するよう呼びかけています。