中央道 大月~八王子の通行止め解除 全線で通行可能に

中央道 大月~八王子の通行止め解除 全線で通行可能に
台風19号の影響で土砂が流入するなどして通行止めとなっていた、中央自動車道の大月インターチェンジと八王子ジャンクションの間の上下線は、19日正午に通行止めが解除されました。中央自動車道はこれで全線で通行が可能になりました。
中央自動車道は、台風19号による記録的な大雨の影響で土砂が流入するなどして、今月12日から大月インターチェンジと八王子ジャンクションの間の上下線で通行止めが続いていました。

中日本高速道路によりますと、流入した土砂を取り除き、安全に通行できることが確認できたとして、正午に通行止めが解除されました。

中央自動車道はこれで、全線で通行が可能になりました。

ただ今回は応急的な復旧で、通行止めとする際の基準を厳しくしていて、当面の間、降り始めからの連続雨量が230ミリを超えた場合など、土砂災害や冠水のおそれが高まったと判断した場合には、再び通行止めにする方針です。

中日本高速道路は、路肩に土のうや土砂の流入を防ぐ壁を設置するなどしているため、通行する際には車間距離を十分とり、追突事故に注意するよう呼びかけています。