史上初 女性のみによる宇宙空間での船外活動

史上初 女性のみによる宇宙空間での船外活動
k10012139781_201910190736_201910190738.mp4
宇宙開発の歴史上初めてとなる、女性の宇宙飛行士のみでの宇宙空間での船外活動が18日、ISS=国際宇宙ステーションで行われました。
今回の宇宙空間での作業は、ISSに供給される電力の制御装置を交換するために行われ、いずれも女性のクリスティーナ・コック宇宙飛行士とジェシカ・メイヤー宇宙飛行士がペアになって日本時間の18日夜8時半すぎに宇宙服を着てISSの外に出ました。作業はおよそ7時間にわたり、2人は息を合わせて、古い部品を慎重に取り外し新しい部品を取り付けました。

女性の宇宙飛行士のみによる宇宙空間での活動は歴史上、初めてです。当初は、ことし3月に予定されていましたが、女性に合うサイズの宇宙服が1着しかなかったため、今回に持ち越されていました。

アメリカのトランプ大統領は宇宙空間で作業中の飛行士と電話で話をし、「あなたたちはとても勇気がある。私にはとてもできない」と述べたうえで、「歴史に残る偉業だ」とたたえました。

アメリカは2024年までに月に宇宙飛行士を送り込むことを目指していて、月面に立つ2人のうち1人は女性を選ぶとしています。

現在、NASAをはじめ各国の宇宙機関では多くの女性の宇宙飛行士が訓練を受けていて、女性が宇宙で活動する機会は今後さらに増えていくものとみられます。