国の仮堤防工事 18日までに決壊12か所のうち9か所完了へ

国の仮堤防工事 18日までに決壊12か所のうち9か所完了へ
国土交通省によりますと、台風19号の豪雨で堤防が決壊した国が管理する7つ河川の12か所について、仮の堤防を作る工事は18日までに9か所で完了する予定だということです。
18日までに完了した場所は、▽吉田川の宮城県大郷町粕川、▽阿武隈川の福島県須賀川市浜尾、▽千曲川の長野市穂保、▽久慈川の茨城県常陸大宮市の富岡と塩原、下町、▽越辺川の埼玉県東松山市正代、▽那珂川の茨城県常陸大宮市野口の合わせて8か所です。

また、那珂川の茨城県那珂市下江戸の1か所も18日中に工事が完了する予定です。残る3か所も今月21日までに工事が完了する見込みで、19日に完了する予定なのは、▽都幾川の埼玉県東松山市早俣です。

20日は、▽越辺川の埼玉県川越市平塚新田、21日は、▽那珂川の茨城県常陸大宮市下伊勢畑で、それぞれ仮の堤防を作る工事が完了する見込みだということです。