「佐藤姓発祥」佐野市へ 「鈴木発祥」和歌山 海南市から物資

「佐藤姓発祥」佐野市へ 「鈴木発祥」和歌山 海南市から物資
台風19号で大きな被害を受けた栃木県佐野市は「佐藤」姓の由来の地とされていますが、18日、「鈴木」姓の発祥の地とされる和歌山県海南市から支援物資が届けられました。
栃木県佐野市は、佐野にいた平安時代の豪族が「佐藤」と名乗ったことから、「佐藤」姓の由来の地とされ、先月、「鈴木」姓の発祥の地とされる和歌山県海南市と地域の活性化などで協力することを決めていました。
海南市は、佐野市が台風19号で大きな被害を受けたことを受け、水につかった住宅を掃除するためのたわしやブラシなどおよそ5万点を送り、18日、佐野市の体育館に届けられました。

支援物資を受け取った佐野市の岡部正英市長は「物資を送ってくださった方々に感謝申し上げます。必要としている人にいち早く届けるなど、職員一丸となってできるかぎりのことをしたい」と話していました。

支援物資は市の職員が仕分け、要望のあった自治会に届けるということです。