橋本五輪相「マラソン・競歩選手に丁寧な説明が必要」

橋本五輪相「マラソン・競歩選手に丁寧な説明が必要」
東京オリンピックの猛暑対策として、マラソンと競歩の会場を札幌に移す案について、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、急な変更は選手に戸惑いが生じるとして、丁寧な説明が必要だという考えを示しました。
IOC=国際オリンピック委員会は、東京オリンピックのマラソンと競歩について、猛暑対策として札幌に会場を移して実施する案を発表し、バッハ会長が17日、組織委員会との間で合意したことを明らかにしました。

これについて、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は閣議のあとの記者会見で、自身もオリンピックに7回出場した経験を踏まえ、「元アスリートの立場からすると、選手は受け止めなければならないが、長年にわたってコースをイメージしながらトレーニングしてきたと思うので、すぐに変更することには誰にも戸惑いがあるだろう」と指摘しました。

そのうえで、「しっかりと納得のいく説明をし、選手たちがよりいいメンタルを持って大会に臨めるようにすることが重要なテーマになる」と述べ、選手への丁寧な説明が必要だという考えを示しました。

また、橋本大臣は、すでに抽せん販売された観戦チケットをめぐり戸惑いが広がっていることについて、「非常に残念な気持ちは分かる。来てもらう人への配慮も重要なテーマで、みんなが心を1つにして大会に向かう機運醸成に努めたい」と述べました。