那珂川 氾濫発生情報出さず 国交省など陳謝「対応追われ」

那珂川 氾濫発生情報出さず 国交省など陳謝「対応追われ」
k10012137651_201910181039_201910181048.mp4
台風19号の影響で、茨城県の那珂川では堤防が3か所で決壊し大規模な浸水が発生しましたが、川の氾濫を知らせる「氾濫発生情報」が発表されませんでした。これについて関東地方整備局と東京管区気象台は記者会見し、「対応に追われて混乱し、本来出すべき情報が出せず申し訳ない」と陳謝しました。
今月12日から13日にかけて、那珂川は常陸大宮市で2か所、那珂市で1か所の堤防が決壊し、大規模な浸水被害に見舞われました。

川が氾濫した際、国はレベル5の情報にあたる「氾濫発生情報」を出して住民に最大限の警戒を求めることになっています。
しかし那珂川の氾濫ではこの情報が発表されず、その後、13日午後3時になって、関東地方整備局は那珂川の堤防が決壊していたと発表していました。

関東地方整備局と東京管区気象台は18日、記者会見を開き、「本来出すべき情報が出せず、申し訳ない」と陳謝しました。

茨城県の常陸河川国道事務所は13日午前4時半ごろには那珂川の氾濫を確認していたということで、「本来、この時に情報を出しておくべきだった。同じころに氾濫した久慈川の対応に追われて、混乱を極めていた。今後このようなことがないようにしていきたい」と述べました。

連絡受け、現地確認もしたが

会見によりますと、常陸河川国道事務所は今月13日午前1時半ごろ、車で巡回していた委託員から「常陸大宮市で水が堤防を越えているようだ」という報告を電話で受けたということです。

さらに職員が現地を確認したところ、午前4時半ごろ、堤防を越えて水があふれていたことを確認したということです。

しかし、すでに氾濫していた茨城県内を流れる久慈川の対応に追われ、常陸国道河川事務所が混乱し、那珂川については「氾濫発生情報」を出せなかったとしています。

国交相も陳謝

赤羽国土交通大臣は18日の記者会見で「住民の避難行動に重要な氾濫発生情報が発表されなかったことは大変申し訳なく、心からおわび申し上げたい」と陳謝しました。

そのうえで、那珂川に関する情報の発表を担当する関東地方整備局に対して再発防止策を検討するよう指示するとともに、全国の河川を管理する部署に対して同じようなことが起きないよう周知するとしています。