米の新たな月探査計画に日本も参加 正式決定 政府

米の新たな月探査計画に日本も参加 正式決定 政府
政府は宇宙開発戦略本部の会合を開き、アメリカが進める、月を周回する新たな宇宙ステーションと月探査の計画などに、日本も参加することを正式に決定しました。
政府は18日、総理大臣官邸で、安倍総理大臣とすべての閣僚をメンバーとする宇宙開発戦略本部の会合を開きました。

この中では、アメリカが進める、月を周回する新たな宇宙ステーションと月探査の計画などについて、17日に有識者でつくる「宇宙政策委員会」が計画への参加の方針案を取りまとめたことが報告されました。

これを受けて戦略本部は、宇宙の平和利用の推進に関する日米の協力促進や、日本が持つ高い技術力による国際的なプレゼンスの向上に意義があるなどとして、計画に日本も参加することを正式に決定しました。

会合の最後に安倍総理大臣は、「アメリカと強い絆で結ばれた同盟国として、また『きぼう』や『こうのとり』で培った日本の強みを生かして、計画に参画することにした。人類の新たなフロンティアの拡大に貢献していく」と述べ、関係閣僚に対し、日米の協力内容を具体化するよう指示しました。