子どもは危険 手伝わせないで! 水害後の後片づけ

子どもは危険 手伝わせないで! 水害後の後片づけ
台風19号による被害で各地では懸命な復旧作業が続いていますが、東日本大震災で医療活動を経験し、今回の台風のあともボランティアで住宅の片づけにあたった医師は「子どもを後片づけに参加させるのはやめるべきだ」と訴えています。その理由を聞きました。
話を聞いたのは長野県佐久市にある佐久医療センターの小児科医、坂本昌彦医師です。

坂本医師は「水害後の片づけ作業は子どもにとって感染症や有害物質のリスクが非常に高い」と指摘。「水害のあとには、水や泥の中にサルモネラや大腸菌といった感染症の原因となる細菌が含まれていることがあります。また、周辺に工場などがある場合は有害な化学物質が入っているおそれもあり、子どもは大人と比べて影響を受けやすいため感染症や将来の発達への悪影響が懸念されます」と話します。

坂本医師自身も今回の台風のあとボランティアとして住宅の後片づけなどを行ったといい、泥の中に農薬の瓶が転がっている様子などを目の当たりにしたそうです。

「実際に被災地に行ってリスクの高さがよく分かりました。アメリカの小児科学会も『水害後の片づけに子どもを関わらせるべきではない』という声明を出し、『水害が起きた場所に戻る場合、子どもは最後でなければならない』とも指摘しています」

泥や水で家の中がドロドロになり、被害にあった人たちにとっては、子どもの手も借りたいというのが正直なところだと思います。

では、何歳以上なら参加しても大丈夫なのでしょうか。

坂本医師は「出来れば、片づけに子どもは参加させないでほしいですが、どうしてもということであれば、体が大人に近くなる、高校生以上にしてほしい。その時もマスクやゴーグル、手袋をつけるなど徹底した防御をして行うことが必要です」と話しています。