空から見た草紅葉 北海道 雨竜沼湿原の秋

空から見た草紅葉 北海道 雨竜沼湿原の秋
k10012135241_201910162108_201910162111.mp4
北海道 雨竜町にある雨竜沼湿原では、黄金色に輝く草紅葉が見頃を迎えています。(10月10日撮影)
雨竜町では「ななつぼし」など特産の米の収穫が終盤となっています。田んぼでは、空から見ると稲を刈った跡がもようのように見えます。特産の米を育むのは、増毛山地から流れる水です。
上流に位置する南暑寒岳の登山道入り口付近では、紅葉が見頃を迎えていました。
山の中腹、高さ850メートル付近に現れるのは雨竜沼湿原です。
湿原では夏の間、エゾカンゾウやヒオウギアヤメなど色とりどりの花が咲きますが、秋のこの時期はヌマガヤやホロムイスゲ、ヤチスゲなどが黄金色に色づき、草紅葉となっています。
湿原への登山道は、10月14日に閉鎖されました。冬を迎えると雨竜沼湿原は、真っ白な雪に覆われます。