能登半島沖 大和堆で北朝鮮の漁船が転覆 海上保安庁が捜索

能登半島沖 大和堆で北朝鮮の漁船が転覆 海上保安庁が捜索
海上保安庁によりますと、16日午前、石川県の能登半島沖にある「大和堆」(やまとたい)と呼ばれる漁場付近の日本の排他的経済水域で、北朝鮮の漁船が転覆したという通報が水産庁の漁業取締船からあったということです。
水産庁の取締船は現場海域にいた別の北朝鮮の漁船から「仲間の船が転覆したので探している」と伝えられたということで、衝突や接触などによる事故ではないということです。

海上保安庁は巡視船と航空機を出して転覆した漁船を探しています。