慶応大アメフト部 無期限の活動自粛 発表「部員に不適切行為」

慶応大アメフト部 無期限の活動自粛 発表「部員に不適切行為」
慶応大学のアメリカンフットボール部は、部内で複数の部員による著しく不適切な行為があったとして、無期限で活動を自粛することを発表しました。
慶応大学のアメリカンフットボール部は、大学日本一を決める「甲子園ボウル」で初代王座に輝いた伝統のあるチームで、現在は関東学生連盟の1部リーグで上位のトップ8に所属し、秋のリーグ戦ではここまで2勝1敗の成績を残しています。

慶応大学アメリカンフットボール部は15日、ホームページで部内で複数の部員による著しく不適切な行為があったとして、無期限で活動を自粛することを発表しました。

慶応大学は、詳細については教育的観点とプライバシー保護の観点から公表しかねるとしていて、「今回の活動自粛に関して、関係者の皆様には、多大なご迷惑、ご心配をおかけし、大変申し訳なく思っております。本学としての今回の件を厳粛に受けとめ、再発防止に努めるとともに、今後も学生への注意喚起、指導をさらに行って参ります」とコメントしています。

アメリカンフットボール部の活動自粛について慶応大学の学生は「アメリカンフットボール部に友人もいるので活動自粛となるのは残念だ。事実に基づいてしっかりと対処してほしい」と話し、体育会に所属する別の学生は「コメントできない。広報を通してほしい」と話すにとどまりました。