東京 化粧品会社の通販サイトから10万人の個人情報流出か

東京 化粧品会社の通販サイトから10万人の個人情報流出か
東京に本社がある化粧品販売会社の通販サイトが不正なアクセスを受け、10万7000人余りの利用者のクレジットカード情報が流出した可能性のあることが分かりました。
個人情報が流出した可能性があるのは、東京・新宿区に本社がある化粧品販売会社「JIMOS」の通販サイトです。

会社によりますと、ことし7月にクレジットカード会社から指摘を受けて調査したところ、不正アクセスの形跡が確認されたということです。

流出の可能性があるのは平成26年1月からことし7月までのおよそ5年半に通販サイトに入力された、10万7661人のクレジットカード情報で、具体的には名前、カード番号、セキュリティコード、それに、有効期限です。

会社は、専用の窓口を設置して利用者の問い合わせに応じていて、今後、情報の不正利用が確認された場合には弁償などの対応にあたるとしています。

JIMOSは、「今回の事態を厳粛に受け止め、再発防止策を徹底して参ります。お客様をはじめ関係者の方々におわびを申し上げます」とコメントしています。

会社の問い合わせ窓口の電話番号は0120-733-616です。