漁船衝突事故「北朝鮮の賠償要求 受け入れられない」官房長官

漁船衝突事故「北朝鮮の賠償要求 受け入れられない」官房長官
水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故で、北朝鮮が日本側に賠償と再発防止を求めたことについて、菅官房長官は記者会見で「全く受け入れられない」として、北朝鮮側に外交ルートを通じて抗議したことを明らかにしました。
石川県の能登半島沖の日本の排他的経済水域内で、水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故をめぐって、北朝鮮は今月12日に初めて公式に反応を示し「船員の生命の安全を脅かした」と反発したうえで、日本側に賠償と再発防止を求めています。

これについて菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で「北朝鮮側による発表は全く受け入れられない」と述べたうえで、北朝鮮側に北京の大使館ルートを通じて速やかに抗議したことを明らかにしました。

また、事故の様子を撮影した映像の公表の時期については、引き続き検討中だとしています。