フックつけ忘れるミス ヘリで救助中に落下の女性死亡

フックつけ忘れるミス ヘリで救助中に落下の女性死亡
台風で浸水被害が起きていた福島県いわき市で、東京消防庁の隊員がヘリコプターから降下して孤立していた77歳の女性をつり上げて救助していたところ、誤って女性が落下する事故がありました。女性は搬送先の病院で死亡し、東京消防庁は、女性の体重を支えるフックをつけ忘れたままつり上げるミスがあったとして、謝罪しました。
13日午前10時ごろ、福島県いわき市平地区で、東京消防庁の隊員がヘリコプターから降下して、77歳の女性をハーネスなどでつり上げて救助していたところ、誤って女性が40メートル下に落下する事故がありました。

女性は心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。

東京消防庁は会見を開き、清水洋文次長が「女性とご家族に心からおわびします。このような事故がないよう信頼回復に全力を尽くします」と謝罪しました。

消防によりますと、救助活動を行っていたのはヘリコプターで上空から救助を行う部隊「エアハイパーレスキュー」で、女性の体重を支えるフックをつけ忘れたままつり上げるミスがあったということです。

救助者の体重を支えるフックを取り付ける際には、隊員2人で当たり、1人が取り付けたあと、もう1人がそれを確認する手順になっていましたが、今回はその手順が守られていなかったということです。

今回の台風で、東京消防庁は、福島県と長野県にヘリコプターの部隊を派遣し、救助などにあたっていました。