豪州を縦断 世界最大級のソーラーカーレース始まる

豪州を縦断 世界最大級のソーラーカーレース始まる
太陽電池を動力源とするソーラーカーでオーストラリア大陸を縦断する、世界最大級のレースが13日始まり、日本を含む世界の40チーム余りが北部ダーウィンを出発しました。
この大会は、太陽電池を動力源とするソーラーカーで、オーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでのおよそ3000キロを縦断する世界最大級のレースで、2年に1度開かれています。

ことしは日本からの4チームを含む21の国や地域の40チーム余りが、13日、ダーウィン中心部を出発しました。

スタート地点の沿道には、大勢の市民やファンが集まり、太陽光パネルを備え付けた車体がゆっくり走り出すと、さかんな拍手が送られました。

レースは、太陽の光を安定して受けることができる午前8時から午後5時までの間だけ走行することになっていて、最も早いチームがゴールに到着するのは、4日後の今月17日となる見通しです。