川で車見つかる 護岸工事関係者の男性死亡 宮城 蔵王町

川で車見つかる 護岸工事関係者の男性死亡 宮城 蔵王町
13日午前、宮城県蔵王町の川で乗用車が沈んでいるのが見つかり、中にいた工事関係者の男性の死亡が確認されました。
13日午前11時半ごろ、蔵王町の遠刈田温泉の近くを流れる松川で乗用車が沈んでいるのが見つかりました。

警察によりますと、車の中から宮城県白石市に住む会社員、平間孝男さん(61)が見つかり、救助されましたが、まもなく死亡が確認されました。

平間さんは川の護岸工事の関係者で、会社の同僚が、連絡が取れなくなった平間さんの車を川で見つけて警察に通報しました。

護岸工事の作業用の道路の一部が崩れていたことから、警察は、12日から降り続いた雨で地盤が緩み、現場を訪れた平間さんが車ごと滑落した可能性が高いとみて、当時の状況などを詳しく調べています。