台風19号 交通情報まとめ【新幹線・首都圏在来線・私鉄・空】

台風19号 交通情報まとめ【新幹線・首都圏在来線・私鉄・空】
JR東日本によりますと運休が続いていた東北新幹線と秋田新幹線は、13日午後4時ごろ、運転を再開しました。

北陸新幹線は長野県にある車両センターが浸水した影響などで、13日は、東京と富山駅の間は終日、運転を見合わせることを決めました。ただ、13日夜に東京・長野間で臨時列車4本を走らせるとしています。富山駅と金沢駅を結ぶ「つるぎ」は運転を行っています。

首都圏の鉄道各社は一部を除くほとんどの路線がこれまでに運転を再開し、いずれの駅でも大きな混乱はありませんでした。14日はほとんどの路線が始発から平常通りのダイヤで運行される見通しです。

鉄道各社は14日の運行についてもホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

北陸新幹線

北陸新幹線は長野県にある車両センターが浸水した影響などで、13日は、東京と富山駅の間は終日、運転を見合わせることを決めました。

ただ、13日夜に東京・長野間で臨時列車4本を走らせるとしています。臨時列車のダイヤは次の通りです。

《下り 東京→長野》
▼東京駅発 午後6時40分 午後8時36分 午後10時8分

《上り 長野→東京》
▼長野駅発 午後9時24分

また、富山駅と金沢駅を結ぶ北陸新幹線「つるぎ」は運転を行っています。

北陸新幹線は、14日については、列車の運行本数を減らした上で、東京と長野の間で折り返し運転を行うということです。

(13日午後6時50分時点)

北陸新幹線「長野新幹線車両センター」は浸水被害

台風19号の影響で長野市内を流れる千曲川が氾濫したため、JR東日本の「長野新幹線車両センター」が浸水し、留め置いていた北陸新幹線の120両も水につかりました。被害は全車両の3分の1にのぼります。

JR東日本は「被害の実態把握を進めるとともに、被害を受けていない車両を使って出来るだけ利用者に迷惑がかからない形で運行をしていきたい」と話しています。

北陸新幹線は、13日夜、東京駅と長野駅の間で、臨時列車を走らせるほか、14日以降は列車の運行本数を減らした上で、この区間で折り返し運転を行うということです。長野駅と富山駅の間については運転再開のめどはたっておらず、会社はホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

(13日午後7時時点)

JR東日本 各新幹線(北陸を除く)

JR東日本によりますと運休が続いていた東北新幹線と秋田新幹線は、13日午後4時ごろ、運転を再開しました。東北・秋田新幹線は、福島県の新白河駅と郡山駅の間の線路上で巨大な岩が見つかり、撤去作業が進められていました。

山形新幹線は、13日は終日、運転を見合わせています。山形新幹線の運転再開は14日昼ごろを見込んでいるということです。

上越新幹線は運転を再開しています。

(13日午後6時半時点)

JR東日本 首都圏などの在来線

JR東日本の首都圏の在来線は13日午後5時ごろまでにほとんどの路線で運転を再開しました。

一方、千葉県や埼玉県、群馬県、長野県、新潟県などの一部の路線では終日、運転を取りやめているものもあります。

(13日午後6時時点)

首都圏の私鉄各社

首都圏の私鉄各社では、13日午後5時前に東武東上線が全線で運転を再開するなどほとんどの路線で運転が行われていますが、小田急電鉄や京王電鉄などの一部路線では今も運転の見合わせが続いています。

(13日午後6時時点)

小田急線

小田急電鉄の小田急小田原線の一部は線路脇の護岸が流出したことによる復旧作業のため、終日、運転見合わせとなりました。

(13日午後3時時点)

京王電鉄

京王動物園線と京王高尾線は、線路に入った土砂撤去で、終日、運転を見合わせるおそれがあるということです。

(13日午後3時時点)

東急電鉄

東急電鉄は、13日午前8時ごろまでに運転を再開しました。

(13日午前9時時点)

京浜急行

京浜急行は13日午前8時半に運転を再開しました。

(13日午前9時時点)

東京メトロ・都営地下鉄

東京メトロと都営地下鉄は始発からすべての路線で運転を見合わせていましたが、安全が確認できたとして、いずれも午前7時ごろから順次運転を再開するということです。

(13日午前7時時点)

西武鉄道

運転を見合わせていた西武鉄道の西武秩父線は、13日午後1時44分から運転再開しました。

(13日午後2時時点)

東武鉄道

東武鉄道の東上線の一部は13日午後4時をめどに運転再開を目指していましたが、作業が長引いているということです。

(13日午後4時時点)

京成電鉄

京成電鉄は京成線の全線で始発から運転を再開しました。

(13日午前9時時点)

そのほか首都圏の私鉄各線

▼相模鉄道と▼多摩都市モノレール、▼東京臨海高速鉄道のりんかい線、▼ゆりかもめ、▼東京モノレール羽田空港線、▼首都圏新都市鉄道のつくばエクスプレスは運転を再開しています。

(13日午前9時時点)

東海道新幹線・山陽新幹線

東海道新幹線と山陽新幹線についてJRは始発からおおむね平常どおり運転すると発表しました。

(13日午前5時時点)

国内の空の便 あすはほぼ通常運航に

台風19号の影響で、国内の空の便は、13日は多くの便で欠航が出ましたが、14日は午前中の一部の便を除いて通常通り運航される予定です。

航空各社によりますと、14日は、日本航空が13日の欠航に伴う機材繰りの影響で、成田と札幌や大阪、福岡を結ぶ午前中の3便の欠航を決めています。

全日空などほかの航空会社では、14日は、始発から通常通り運航するとしています。

一方、13日に欠航したのは、次のとおりです。

(全日空)
成田を発着するすべての便や羽田を発着する便など297便

(日本航空)
羽田や大阪を発着する便など278便

(ジェットスター)
成田などを発着する71便

(スカイマーク)
羽田と神戸を結ぶ便など54便

(ソラシドエア)
羽田と九州各地を結ぶ30便

(エア・ドゥ)
羽田と新千歳を結ぶ便など28便

(スターフライヤー)
羽田と北九州を結ぶ便など25便

(ピーチ・アビエーション)
成田や関西を発着する16便

(フジドリームエアラインズ)
県営名古屋と静岡を発着する8便

(日本トランスオーシャン航空)
羽田や沖縄の各地を結ぶ3便

(エアアジア・ジャパン)
中部と新千歳を結ぶ便など2便

航空各社は、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

(13日午後5時30分時点)