高島屋 神奈川の2店舗閉店 米子店は地元に譲渡

高島屋 神奈川の2店舗閉店 米子店は地元に譲渡
地方のデパートを閉店する動きが相次ぐなか「高島屋」は、売り上げが低迷している神奈川県の2つの店舗の営業を来年終了し、鳥取県米子市にある「米子高島屋」については、地元の企業に営業を譲渡することを明らかにしました。
これは高島屋が11日の中間決算の会見で明らかにしたものです。

それによりますと、横浜市港南区の「港南台店」の営業を来年8月に、神奈川県海老名市のショッピングセンターにテナントとして出店する「タカシマヤスタイルメゾン」の営業を来年2月に、それぞれ終了します。

理由について会社は、地域の高齢化や専門店との競合で、黒字化が難しいと判断したとしていて、雇用については近隣の店舗への配置転換などで維持するとしています。
また、鳥取県米子市にある子会社「米子高島屋」については、来年3月に地元企業「ジョイアーバン」に、すべての株式を譲渡するとしています。

ただ「米子高島屋」の名前は残し「ジョイアーバン」が営業を続けるということです。

高島屋の村田社長は「人口減少で地域経済の縮小が避けられないなか、将来の黒字化が見通せない店舗については、縮小や撤退を検討していく」と述べました。

地方のデパートを巡っては10日「そごう・西武」が5店舗の閉鎖を発表するなど、閉店の動きが相次いでいます。