池袋駅前で男性刺される 男を殺人未遂の疑いで逮捕

池袋駅前で男性刺される 男を殺人未遂の疑いで逮捕
k10012123501_201910111739_201910111826.mp4
11日夕方、東京 池袋駅前で男性が刃物で刺され、自称49歳の男が殺人未遂の疑いでその場で逮捕されました。2人に面識はなかったということで、警視庁は詳しいいきさつを調べています。
警視庁によりますと、11日午後4時すぎ、東京 豊島区の池袋駅西口の公園で、27歳の男性が男に果物ナイフのような刃物で腹を刺されました。

男性はおよそ20m離れた交番まで逃げましたが、男に追いかけられ、途中でさらに腹を刺されました。

男性は病院で手当てを受けていて、搬送時、意識はあったということですが、詳しいけがの程度はわかっていません。

刺した男は住所不定の自称49歳の男で、警察官に取り押さえられ、殺人未遂の疑いでその場で逮捕されました。

調べに対して「ベンチに座っていたら笑われたので刺した」と供述しているということです。

2人に面識はなかったということです。

警視庁は男の身元について確認を進めるとともに、詳しいいきさつを調べています。

現場は池袋駅西口に程近い繁華街の一角にあり、ふだんから人通りが多い場所です。

目撃者「大声を上げて男性を刺した」

現場近くにいた35歳の男性は「刺された男性が交番に逃げて行き、後ろから男が追いかけて行ったが、すぐに警察官に取り押さえられた。刺された男性は安心したのか倒れ込んでいた」と話していました。

69歳の男性は「被害者の男性が広場のベンチに座っていたところ、横に男が座り、その後、大声を上げて男性を刺した。刺された男性は交番のほうに走って逃げていった」と話していました。