ノーベル化学賞 吉野彰さん 一夜明け出社 社員たちから祝福

ノーベル化学賞 吉野彰さん 一夜明け出社 社員たちから祝福
k10012120741_201910101123_201910101125.mp4
ことしのノーベル化学賞の受賞者に選ばれた大手化学メーカー「旭化成」の名誉フェローの吉野彰さんが受賞決定から一夜明けて、東京・千代田区の本社に出社し、集まった社員たちから祝福を受けました。
ノーベル化学賞の受賞が決まった大手化学メーカー「旭化成」の名誉フェローの吉野彰さんは、10日午前9時前、東京・千代田区の本社に出社しました。

吉野さんはエントランスで集まった報道陣に対して「昨夜は一杯飲んで、ぐっすり寝られました。新聞を見て受賞が決まった実感がわいてきました」と一夜明けた感想を笑顔で語りました。

そして、社内では多くの関係者が集まっていて、一緒に仕事をしてきた仲間から花束を受け取ると、フロアを埋め尽くすほど集まっていた社員たちからは大きな拍手が起きていました。

吉野さんは「社員の皆さんが喜んでくれるのがうれしいのはもちろんですが、皆さんの家族や子どもが喜んでくれていると聞いて非常にうれしいです。これから大変な数か月が続くと思いますが、頑張っていくのでよろしくお願いします」と話していました。

吉野さんが退出する際には社員が集まって見送り、何度も「おめでとう」と大きな声がかかり、吉野さんは笑顔で応じていました。

37歳の社員の男性は「きのうは飛び上がるくらい驚きました。同じ会社で働けることを誇りに感じています。本当におめでとうございます」と話していました。

吉野さんは午後1時からは妻の久美子さんとともに記者会見に臨む予定です。

妻の久美子さん「おめでとうと直接伝えたい」

ことしのノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰さんの妻の久美子さんは、10日午前9時ごろ記者会見が行われる都内の会場に向かうため神奈川県藤沢市の自宅を出る際に、報道陣の取材に応じました。

久美子さんは9日に受賞を知らせる電話を受けたあとは吉野さんと一度も話していないということで「夫に会ったら『おめでとう。よかったね』と直接伝えたい」と、改めて功績をたたえていました。

そして「気持ちが高ぶって夜は一睡もできませんでした」と話し、足早にタクシーに乗り込んで目的地に向かいました。

京大生「今度は僕も頑張ろうと思う」

吉野さんが学んだ京都大学工学部が現在置かれている京都市西京区の桂キャンパスでは、学生たちから励みになったなどという声が聞かれました。

このうち、吉野さんが学んだ学科に近い工業化学科の大学院で学ぶ25歳の男性は「僕らのOBが受賞されたということで研究を頑張ろうという気持ちになりました。研究というのはすぐに結果が出るものではないので、今の研究を進めて自分の成果を残し後輩につないでいきたい」と話していました。

工業化学科の4年生の男子学生は「京都大学からこのような賞を受賞する人が出るのは光栄で、僕も電池の研究室にいるのでやる気や研究意欲がわいてきました。リチウム電池に代わる新たな電池というのを研究しているので、今度は僕も頑張ろうかなと思います」と話していました。

母校 大阪府立北野高校でも祝福の声

吉野さんが通った大阪 淀川区にある大阪府立北野高校では正門の前に「吉野彰さんノーベル化学賞受賞おめでとうございます!」と書かれた横断幕が掲げられ、生徒たちからは祝福の声が上がっています。

1年生の女子生徒は「生活に欠かせない技術を高校の先輩が作ったと知って本当にうれしく誇りに思います。化学は苦手ですがこれからはもっと興味を持って勉強ができそうです」と話していました。

また、理科コースで学ぶ3年生の男子生徒は「うまくいかないときでも成果が出るまで続けるという吉野さんの姿勢を見習って、将来は自分も生物の分野でノーベル賞をもらえるような研究者になりたいです」と話していました。

朝の授業の前には校長が校内放送で改めて受賞決定を伝えました。

萩原英治校長は「毎年この時期になると卒業生がノーベル賞を取るかもしれないよと生徒には言ってきましたが、本当に受賞して学校にとってこんなにうれしいことはありません。大先輩が進むべき道を体現してくれたと思うので、生徒たちもぜひ吉野さんを見習って、社会に貢献できる人に育ってほしいと思います。時間が許すのであればぜひ母校の生徒たちにも先生の経験を聞かせていたければうれしい」と話していました。

また、高校の同窓会の笹川忠士会長は「高校時代は部活にも入らずあまり目立たない存在だったが学業に熱心に取り組んでいて、特に理系の分野では優れた成績だったと聞いていました。146年の学校の歴史上、初めてのノーベル賞の受賞を成し遂げたということで本当に喜ばしい」と話していました。

出身中学校と同級生の喜びの声

吉野彰さんが卒業した大阪 吹田市の中学校でも喜びの声が聞かれました。

吉野さんが昭和38年に卒業した吹田市立第一中学校では、ホームルームの時間に吉野さんがノーベル化学賞の受賞者に決まったことを伝える新聞記事のコピーが配られました。

そのうえで担任が「この中学校の卒業生がノーベル化学賞の受賞者となった。より一層科学に興味を持って取り組んでほしい」と生徒たちに語りかけていました。

学校の掲示板にも新聞記事が掲載され、田中和彦校長は「きのうから受賞があるのではないかと楽しみにしていました。卒業生が受賞者に決まり、校長として本当に誇らしいです。生徒たちが科学に興味を持つよい機会になればと思います」と話していました。

また、吉野さんとこの中学校の同級生で今は母校で警備員として勤務している川岸研一さん(72)は「いつかは取るだろうと期待していました。まずはとにかくおめでとうと伝えたいです。私自身も誇らしくLINEで友達や親戚に『同級生がノーベル賞を取った』と報告してしまいました」と笑顔で話していました。

川岸さんは中学2年生のときに同じクラスだった吉野さんが生徒会の副委員長に立候補した際、応援を頼まれたこともあったということで「吉野君は実直で正義感が強くて人望も厚く、周りからの推薦で生徒会に立候補することになったようだった。3年生になると実力テストのたびに成績が廊下に貼り出されていたが、吉野君は400人弱の学年でいつも10位以内に入っていた」などと当時を振り返っていました。

テニス仲間も祝福

吉野さんの趣味のテニス仲間からも喜びの声が聞かれました。

吉野さんのテニス仲間で30年以上のつきあいがあるという梅田眞弓さん(71)も「よく一緒にテニスをしていますが、吉野さんは率直でラフでよく笑う人で気取ったところがない本当に気のいい方です。今はおめでとうのひとことです」とお祝いしていました。

梅田さんは、吉野さんの子どもが幼いころは家族ぐるみで親交があったということで、「長年候補にあがっていてこの時期になるといつも奥様と連絡を取り合っていました。ようやく決まって、とてもうれしいです」と話していました。

吉野さん理事長の施設でも喜び

吉野彰さんが理事長を務める大阪府にあるリチウムイオン電池に関する研究施設でも喜びの声が上がりました。

大阪 池田市にある「リチウムイオン電池材料評価研究センター」は、国の支援を受けて国内の複数のメーカーが作った研究施設で、理事長を務める吉野さんが週に1回程度出勤していて、吉野さんは9日もノーベル化学賞の発表の前にここで研究に関する打ち合わせを行ったあと、東京に戻ったということです。

この施設ではリチウムイオン電池を試作する設備が整っていて、さらに性能のよい新しい材料の開発や安全性を高めるための試験のほか、次世代のリチウムイオン電池の開発も目指しているということです。

研究施設の幸琢寛主幹研究員は「本当に受賞が決まって『ついに来た、やったー』という感じでした。同じ電池に携わるエンジニアとしても大きな喜びです。さらなる安全性や性能の向上を目指して、吉野さんが記者会見でおっしゃっていた『柔らかい頭で』ということばを胸に、これからも頑張りたい」と話していました。