鉄道各社 「計画運休」実施なら台風最接近の前日までに公表へ

鉄道各社 「計画運休」実施なら台風最接近の前日までに公表へ
大型で猛烈な台風19号が今週末に接近するおそれがでていることから、首都圏の鉄道各社はあらかじめ列車の運行を取りやめる「計画運休」についての検討を始めています。実施する場合には多くの会社が台風が最接近する前日までには公表したいとしています。
「計画運休」をめぐっては、国土交通省が見通しや実施時間などをできるだけ早く利用者に提供するよう鉄道会社に求めています。

首都圏の鉄道各社に台風19号での「計画運休」についての対応を取材したところ、JR東日本や小田急電鉄、東武鉄道など多くの会社がすでに検討を始め、「計画運休」を実施する場合には台風が最接近する前日までには公表したいとしていて、ホームページやSNSなどで周知するとしています。

このうちJR東日本では、前回の台風15号の時にホームページがつながりにくくなるトラブルが生じたことから、アクセスの集中が見込まれる際には運行情報だけが表示される簡易なホームページに切り替えることにしたということです。

鉄道各社は「不要不急な外出は控えていただき、最新の運行情報をホームページやツイッターなどで確認してほしい」としています。