台風19号見通し 気象庁会見「広い範囲で大きな影響のおそれ」

台風19号見通し 気象庁会見「広い範囲で大きな影響のおそれ」
k10012119131_201910091704_201910091708.mp4
台風19号の今後の見通しなどについて、気象庁の黒良龍太主任予報官が9日午後2時から記者会見を開き「台風は非常に強い勢力を保ったまま12日から13日にかけて、西日本から東日本に接近、または上陸するおそれがある。台風は大型のため、広い範囲で大きな影響を受けるおそれがある」と述べました。
また「台風が接近する地域では、台風15号や去年の台風21号と同じ程度の暴風となるおそれがある」と述べ、千葉県などで停電や住宅の被害が相次いだ先月の台風15号や、近畿を中心に大きな被害が出た去年の台風21号と同じような被害が出るおそれがあるという見解を示しました。

千葉県や伊豆諸島への影響について、「台風が予報円の東寄りのコースを通れば影響は多少減るものの、強風域には入るため影響は避けられないだろう」と述べました。

そのうえで「地域によっては高波や大雨、高潮のおそれもある。11日までに暴風などに備えてほしい。早めの対策をお願いしたい」と述べ、停電に備えた備蓄の確認のほか、不要不急の外出を避けるため、予定の見直しなどを呼びかけました。

台風の本州への接近が予想される3日前に記者会見を開いたことについて「週末には3連休が控えており、さまざまなイベントの開催や交通機関への影響に懸念があることから、これまでより早いタイミングで記者会見を行った。後日改めて記者会見を行い、具体的な風速や雨量などの予想について解説する」と説明しました。

官房長官「万全の態勢 構築したい」

菅官房長官は午後の記者会見で「政府としては昨日、官邸危機管理センターに情報連絡室を設置するとともに、武田防災担当大臣の出席のもと、関係省庁災害警戒会議を開催するなど警戒態勢を敷いているところだ。引き続き関係省庁が連携して、政府一体となって、災害応急対応にあたることができるよう、万全の態勢を構築していきたい」と述べました。