源氏物語の最古の写本見つかる 藤原定家が書き写し

源氏物語の最古の写本見つかる 藤原定家が書き写し
平安時代に紫式部が書いた「源氏物語」の物語の1つを鎌倉時代の歌人、藤原定家が書き写した写本が新たに見つかりました。これまでで最も古い写本で、原本が残っていない源氏物語のオリジナルの表現に迫る貴重な資料として注目されています。
新たに見つかったのは、源氏物語が記されたおよそ200年後に活躍した歌人、藤原定家が書き写した「若紫」の写本です。

定家の子孫にあたる冷泉家が調査した結果、定家の筆跡と一致したということです。

当時、定家のように位の高い人物しか使うことが許されなかった青墨も使われ、表紙は定家のほかの写本で、国の重要文化財に指定されている「花散里」「行幸」「柏木」「早蕨」の4帖と同じだということです。

全54帖からなる源氏物語は原本が失われ、代わりに内容を今に伝える数々の写本のうち、「若紫」はこれまで、およそ450年後の室町時代に書き写されたものが紫式部のオリジナルの表現に近いものとして、最も信頼できるとされてきました。

調査を行った冷泉家時雨亭文庫の藤本孝一調査主任は「紫式部が表現した内容をおよそ200年後に忠実に復元しようと試みた定家の写本が見つかったことで、源氏物語の研究が一層進むだろう」と話しています。

「画期的な発見」

源氏物語の研究に携わる京都先端科学大学の山本淳子教授は「紫式部の原本はもちろん、平安時代に書かれた写本がことごとく失われているなか、信頼のおける藤原定家の写本が見つかったことは、学校の教科書や注釈書の内容も変わるような画期的な発見だ」と評価しています。

『若紫』については、およそ450年後に書き写され、源氏物語の大部分が今も残っている『大島本』と呼ばれる写本が最も信頼できるとされていて、「定家の写本と『大島本』と比べて、大きくストーリーが変わるわけではないが、記述内容には細かな違いもあり、今後、研究が一層進むだろう」としています。

山本教授は「『若紫』のストーリーで、若紫の父親はしばらく行方不明になっていた娘の存在をのちに光源氏から知らされるが、今回の写本の発見を聞いた時、このストーリーと同様に若紫が現れた、と感じた。見つかっていないほかの巻も同じように大切に保管されているのではないかと期待している」と話しています。