みずほ銀行 ATMの振込手数料値上げ 来年3月1日から

みずほ銀行 ATMの振込手数料値上げ 来年3月1日から
みずほ銀行が、ATMを使った振り込みの手数料を値上げします。インターネットバンキングで振り込んでもらい省力化につなげるねらいです。
発表によりますと、値上げは来年3月1日からで、
▽キャッシュカードを使ってATMで、同じ店舗にあるみずほの別口座に振り込む場合、これまでは無料でしたが220円の手数料がかかります。

▽別の店舗にあるみずほの口座への振り込みは3万円未満は110円から220円に上がります。

▽キャッシュカードを使わずに現金でATMから振り込む場合も、これまで手数料が110円だった取り引きは220円に、330円だった取り引きは440円に値上げします。

一方、インターネットバンキングを使った振り込み手数料は変えません。

長引く低金利で銀行の収益が低下する中、手数料を値上げする銀行が相次いでいます。

三井住友銀行はことし12月から、窓口から海外に送金する際の手数料を今の2倍程度にします。

人手がかかる窓口や設置費用がかかるATMの手数料を値上げして、インターネットバンキングの利用を広げ、省力化につなげよいうという動きが広がっています。
(価格はいずれも税込み)