金田正一さん死去 通算最多の400勝投手

金田正一さん死去 通算最多の400勝投手
プロ野球の国鉄と巨人でピッチャーとして前人未到の400勝を挙げ、ロッテの監督も務めた金田正一さんが6日亡くなりました。86歳でした。
金田正一さんは愛知県出身で、当時の享栄商業から昭和25年に当時の国鉄に入団しました。

1メートル84センチと長身の左ピッチャーで、速球と大きく縦に割れるカーブを持ち味に2年目から14年連続で20勝以上を挙げ、昭和32年には完全試合を達成するなど球界を代表するピッチャーとして活躍しました。

また9年目の昭和33年には巨人の長嶋茂雄さんのデビュー戦で4打席連続で三振を奪いました。

その後、巨人に移籍して昭和44年に引退するまでの20年間で前人未到の400勝を挙げました。

奪った三振の数は4490個、通算の投球回数や完投数、さらに負けの数もプロ野球史上最多で、背番号「34」は巨人の永久欠番となっています。

引退後はロッテの監督を通算8年務めて昭和49年には日本一に輝いたほか、派手なパフォーマンスでも注目を集めました。

金田さんは6日午前4時半すぎ、急性胆管炎による敗血症のため東京都内の病院で亡くなりました。86歳でした。

同い年の中西太さん「取り残された気分」

同い年の中西太さんは「テレビで亡くなったことを知り驚いた。球界を代表する偉大な投手で、オールスターでも戦ったし、よく冗談を言い合う仲だった。金田さんとは去年暮れの巨人の原辰徳監督の野球殿堂入りのパーティーで同じテーブルになった。金田さんは元気にしていて『高齢だから体に気をつけような』と言ったところだった。野球一筋に生きた大投手だった。取り残された気分で残念です」と話していました。

野村克也さん「天国から野球界見守って」

プロ野球で同じころに活躍した野村克也さんは「球界の大先輩で同じ時代に戦ってきた方をまた1人失って悲しいかぎりです。天国から野球界を見守ってください。ご冥福を心よりお祈りいたします」とコメントしました。

勝利数歴代2位の米田哲也さん「記録求めたからこそ」

プロ野球の阪急などで先発ピッチャーとして活躍し、金田正一さんに次ぐ歴代2位の350勝をあげた米田哲也さんは「体調を崩しているとは知らなかったので驚いています。高校2年生の時、プロ野球のオープン戦で当時国鉄の金田さんのピッチングを初めて見て、球がものすごく速く感じたのを覚えています。プロに入ってからは記録を追い求めていたからこそ長く現役を続けて400勝を達成できたのだと思います。自分も400勝を目指していましたが、達成できなかったからこそその偉大さがわかります。本格的なつきあいは名球会に入ってからで、いろいろと声をかけていただきましたが、本当に残念です」と話していました。

梨田昌孝さん「偉大過ぎる存在だった」

NHKプロ野球解説の梨田昌孝さんは「ことし6月ごろに東京ドームでお会いした時は元気そうだったのでまさかという感じだ。金田さんは野球界にとって偉大すぎる存在。いつも堂々と胸を張って歩いている姿を見て体全体からみなぎるパワーを感じたし、球場で会うと声をかけてくれる心の優しい方だった」としのびました。

そして金田さんが現役を引退したあとにプロ入りした梨田さんは、金田さんの現役時代のピッチングについて、「映像でしか見たことはないが、体が大きく、腕も長くてまっすぐとカーブだけでねじ伏せていた。本当にすばらしいボールを投げていた。1度でもボールを受けてみたかったし、打席に立ってみたかった」と話していました。

また梨田さんが近鉄に入団した翌年からロッテで監督を務めた金田さんについて、「ベースコーチに入って踊ったり、しこを踏んだり、“かねやんダンス”と呼ばれるファンサービスでパ・リーグを盛り上げてくれた。ロッテの選手がホームランを打つと、金田さんはまっさきにホームベースの近くで出迎えてキャッチャーの僕の頭をなでながら、『よし、おまえはいいやつだ』と声をかけられたことが何回もあった。個性的で豪快な方だった」と懐かしそうに振り返っていました。

前日は家族でラグビーW杯観戦 長男「懸命に戦った」

金田正一さんの長男で俳優の賢一さんが東京都内の自宅前で6日夜、報道各社の取材に応じました。

賢一さんは金田さんが亡くなったときの状況について「兄弟全員でしっかりと見送ることができたし、それぞれが父の最期をきちんと受け止められました。横になっている姿を見ると今すぐにでも起きそうな風に見えるし、なんで俺がここで死んでいるのか、いちばん戸惑ってるのは、おやじかもしれません。起き出して『腹減った』と言いだしそうな穏やかな達成感のある顔をしていました」と明かしました。

野球をはじめスポーツ全般が好きだった金田さんのため、病室のテレビをスポーツ中継にしていて、前日は家族でラグビーワールドカップの日本代表の試合を見たということです。

金田さんとの思い出を聞かれて「野球を一緒に見ていると隣でずっと解説をしてくれました。野球一筋の人生でしたから、天国に行っても野球をやっているかもしれませんね」と話しました。

そして「自分にとって野球はめしの種だとよく話していました。おいしいものを食べる、家庭を守るために懸命に戦った戦場がプロ野球というだけだったと思います。違う世界にいたとしても名を残した人になったと思う」と話していました。