世界選手権 男子400mリレー 日本新で銅メダル

世界選手権 男子400mリレー 日本新で銅メダル
陸上の世界選手権は男子400メートルリレーの決勝が行われ、日本は37秒43の日本新記録をマークして、2大会連続の銅メダルを獲得しました。
カタールのドーハで開かれている世界選手権は大会9日目の5日、男子400メートルリレーの決勝が行われました。

予選で全体3位のタイムをマークした日本は、1走を予選の小池祐貴選手から多田修平選手に変更し、2走以降は白石黄良々選手、桐生祥秀選手、サニブラウン アブデル・ハキーム選手と、予選と同じメンバーで臨みました。

日本は1走の多田選手が起用にこたえて得意のスタートから飛び出すと、2走の白石選手は世界のトップ選手にひけを取らない走りで、3走の桐生選手にバトンをつなぎました。

桐生選手はアメリカに次いでイギリスと競り合いながらアンカーのサニブラウン選手につなぎ、最後はイギリスにおよびませんでしたが、日本は3位でフィニッシュし、銅メダルを獲得しました。

タイムはこれまでの日本記録を0秒17更新する37秒43の日本新記録で、前回大会の銅メダルに続き、2大会連続で表彰台に立ちました。

アメリカが37秒10で金メダルを獲得し、イギリスが37秒36で銀メダルでした。

アメリカの金メダルは2007年大会以来6大会ぶりで、今大会男子100メートル金メダルのクリスチャン・コールマン選手、銀メダルのジャスティン・ガトリン選手、それに男子200メートル金メダルのノア・ライルズ選手の3人を擁し、圧倒的な力を見せました。

サニブラウン「来年もっといい走り見せる」

1走の多田修平選手は「小池選手やケンブリッジ選手が走れなかったので、その代わりに銅メダルを獲得できてよかった」と話しました。

2走の白石黄良々選手は、1走の多田選手とのバトンパスについて「ふだんから一緒に練習しているので、心と心がつながった」と話していました。

3走の桐生祥秀選手は「レベルの高いレースになると分かっていた。狙っていたメダルとは違うが、東京オリンピックに向けて勝ちたい意欲が増した」と前向きに捉えていました。

アンカーのサニブラウン アブデル・ハキーム選手は1位のアメリカや2位のイギリスの選手の走りについて、「速いですね。その速い中でいかに自分の走りをして、このような舞台で戦っていけるのか。狙っていたメダルの色は違えど、銅メダルを獲得してアジア記録をマークできたので、来年に向けていい経験になった。来年、日本の舞台でもっといい走りをお見せできるのかなと思う」と笑顔で話していました。

土江コーチ「あとは個人の走力をいかに上げるか」

日本代表の土江寛裕コーチは「レース前に選手に対して『37秒4は出せるし、出せたら金メダルを取れるぞ』と言っていたが、出しても取れなかった。銅メダルとタイムは非常にうれしいが、アメリカとイギリスがしっかりバトンをつないだら、まだまだ太刀打ちできないことが分かった」とレースを振り返りました。

また、予選からメンバーを変更したことについては「予選を終わってからの分析で、小池選手が本来の調子を出せていないのが数字的にもはっきりした。その中で1走の交代要員として考えていた多田選手が、ことしベストの動きをしていたので、きのう夜の段階で決めた。日本の層の厚さを示せたと思う」と説明しました。

そして、東京オリンピックに向けては「バトンパスで得られる部分はもうギリギリのところに来ているので、あとは個人の走力をいかに上げられるかだ。今の日本に36秒台を出せる走力はないが、9秒台が当たり前になるようにさらに高いレベルで個人が競争できれば、37秒0というところに近づいていけると思う」と話し、更なるレベルアップを誓っていました。

そのほかの種目の結果

女子5000メートル決勝は、20歳の田中希実選手が自己ベストで日本歴代2位の15分0秒01をマークし、初出場で14位でした。

女子100メートルハードルの予選は38人が出場し、2大会連続の出場となった木村文子選手は、13秒19の全体28位のタイムで予選2組の5着、5大会ぶり出場の寺田明日香選手は、13秒20の全体29位のタイムで予選1組で5着に終わり、ともに準決勝には進めませんでした。

男子1600メートルリレーは予選が行われ、ウォルシュ・ジュリアン選手、飯塚翔太選手、佐藤拳太郎選手、若林康太選手の4人で臨んだ日本は、序盤から積極的なレースを見せて3分2秒05をマークしましたが、予選2組の5着に終わり、タイムでもおよばず決勝には進めませんでした。

リレー種目では決勝に進んだ8チームに東京オリンピックの出場権が与えられるため、日本は今大会での出場権獲得はなりませんでした。

また、男子やり投げの予選は、3大会連続の出場の新井涼平選手が81メートル71センチを投げましたが、全体15位にとどまり、上位12人による決勝に進むことはできませんでした。