米朝実務者協議 北朝鮮「協議は決裂」米「よい協議できた」

米朝実務者協議 北朝鮮「協議は決裂」米「よい協議できた」
k10012114851_201910060714_201910060715.mp4
北朝鮮の非核化をめぐるアメリカと北朝鮮の実務者の協議が行われ、北朝鮮側はアメリカの姿勢に変化がなく、今回の協議は決裂したという認識を示しました。これに対しアメリカ側は、打開策を示してよい協議ができたと異議を唱え、両者の認識が食い違う事態となっています。
米朝の実務者協議は5日、スウェーデンの首都、ストックホルム郊外の施設で行われ、アメリカ側からビーガン特別代表が、北朝鮮側からキム・ミョンギル首席代表が出席しました。

実務者の協議は2月のベトナム・ハノイでの首脳会談が物別れに終わって以降、7か月ぶりで、現地時間の午前10時ごろから、いったん昼の中断を挟んで午後6時ごろ(日本時間6日午前1時ごろ)まで続きました。
会場では米朝の代表団が記念撮影する姿も確認できましたが、北朝鮮の大使館に戻ったキム首席代表は記者団に対し、「協議は決裂した」と述べました。

そのうえでキム首席代表は「アメリカは旧態依然とした立場を捨てず、手ぶらで協議に臨んだ」として、アメリカの姿勢に変化がなかったと主張しました。

さらに「核実験とICBM=大陸間弾道ミサイルの発射の中止を維持するかは、アメリカにかかっている」と述べてけん制し、対話を一時中断して、アメリカ側に年末までに打開策を検討するよう求めたとしています。

これに対しアメリカ側は、ビーガン特別代表がスウェーデンのアメリカ大使館に戻ったあと、国務省の報道官の声明を発表しました。

声明では「北朝鮮のコメントは協議の内容と精神を反映していない」として、協議が決裂したとする北朝鮮側の発表に異議を唱えました。

そして、「アメリカは創造的なアイデアを持ち込み、北朝鮮側とよい議論をした」として、アメリカとして打開策を提案し、よい協議ができたという認識を示しました。
米朝の非核化協議をめぐっては、アメリカが非核化の具体的な措置を先に取るよう要求してきたのに対し、北朝鮮は制裁を解除しながら段階的に進めることを求め、両者の立場の隔たりが浮き彫りになっています。

今回、両者はこれらの問題を協議したとみられますが、隔たりは埋まらなかったとみられ、協議の結果をめぐっても認識が食い違う事態となっています。

米国務省 2週間後に再協議の意向

アメリカ国務省のオータガス報道官は声明で、「議論を続けるため、アメリカはスウェーデン政府からの2週間後に再協議するという招待を受け入れるよう提案し、アメリカはこれを受け入れた」と述べ、2週間後に協議を再開したいという意向を示しましたが、北朝鮮側がこれを受け入れたかどうかは明らかにしていません。