関電幹部ら 高級スーツの仕立券使用「儀礼の範囲と考えた」

関電幹部ら 高級スーツの仕立券使用「儀礼の範囲と考えた」
関西電力の経営幹部らの金品受領問題で、会長や副社長ら11人はスーツの仕立券を75着分合わせて3750万円相当を受け取り、その大半を返却せずに使っていました。1着当たり50万円相当の高級品でしたが、関西電力は「儀礼の範囲と考えていた」としています。
関西電力の幹部ら20人は、高浜原子力発電所が立地する福井県高浜町の森山栄治元助役から、総額でおよそ3億2000万円相当の金品を受け取っていましたが、このうち3750万円分は、1着当たり50万円相当のスーツの仕立券でした。

八木誠会長が2着分、豊松秀己元副社長が20着分、森中郁雄副社長が16着分など11人が合わせて75着分を受け取っていました。

元助役に仕立券や同額程度の物品で返却していたのは、14着分を受け取った鈴木聡常務だけで、ほかの幹部らは大半をスーツの仕立てに使い、返却もしていませんでした。

こうした仕立券の受け取りについて、岩根茂樹社長は先月27日の会見で、中身や金額など明かさないまま中元や歳暮などと同様の「儀礼の範囲のもの」と説明していましたが、今月2日の会見では一転して「金額的に良識の範囲外に整理し直した」と釈明していて、経営陣の一般的な社会常識とかけ離れた認識やコンプライアンス意識の甘さが露呈した形です。