カーブミラー100枚余り割られる 同じ人物が石投げたか 埼玉

カーブミラー100枚余り割られる 同じ人物が石投げたか 埼玉
k10012111111_201910031852_201910031930.mp4
埼玉県加須市や久喜市などで道路に設置されているカーブミラー合わせて100枚余りが割られているのが相次いで見つかり、警察は同じ人物が石を投げて割った可能性があるとみて器物損壊の疑いで捜査しています。
警察などによりますと、ことし8月から先月下旬にかけて、埼玉県加須市や久喜市など県北部の4つの市で、道路に設置されているカーブミラー合わせて109枚が割られているのが相次いで見つかりました。

このうち、久喜市所久喜では先月25日の午後8時40分ごろ、買い物から帰ってきた女性が自宅に入ろうとしたところ、鏡が割れるような音が聞こえたため道路に出ると、カーブミラーが割られていたということです。

その際、女性は男が自転車で走り去っていくのを目撃したということです。

被害は加須市が43枚、久喜市が32枚、幸手市と鴻巣市が17枚で、直径30キロほどの範囲で起きているということです。

割れたカーブミラーの中から石が見つかっている場所もあるということで、警察は同じ人物が石を投げて割った可能性があるとみて器物損壊の疑いで捜査しています。

現場近くの住民「ガチャン、男が自転車で走り去った」

埼玉県久喜市所久喜の現場では、近くに住む住民が不審な男の姿を目撃していました。

先月25日の午後8時40分ごろ、買い物から帰ってきた女性が自宅に入ろうとしたところ、「ガチャン」という音が聞こえたため道路に出ると、南の方向に男が自転車で走り去っていくのが見えたということです。

道路に設置されたカーブミラーは割られていて、近くには直径が10センチくらいの石がミラーの破片と一緒に落ちていたということです。

目撃した60代の女性は「夜は人通りが少なくて防犯カメラもない場所なので、こうした事件が起きて怖いです。早く犯人を捕まえてほしいです」と話していました。