「ミニストップ」でシステム障害 消費税の計算に間違いも

「ミニストップ」でシステム障害 消費税の計算に間違いも
コンビニ大手の「ミニストップ」は、1日午前0時の消費税率の引き上げの際、レジのシステムに障害が起き、代金を多く受け取るトラブルなどが起きたと発表しました。トラブルは午前3時にはすべて復旧したということです。
ミニストップによりますと、1日午前0時から午前3時にかけて、レジのシステムに障害が発生し、全国の1987店舗で、代金の計算を間違えるトラブルが発生しました。

具体的には、コンビニチェーンで独自に行っていた割り引き商品に税率をかける際の計算を間違い代金を多く受け取っていたということです。逆に軽減税率の対象にならない日用品などのすべての商品の税率を8%のまま計算する間違いもありました。

店舗の見回りをしていた社員がトラブルに気づき、午前3時にはシステムは復旧したということです。

ミニストップでは店頭でレシートを示してもらえば代金を多く受け取った客には返金に応じるとしています。

トラブルの詳しい原因は調査中だということですがミニストップは「ご迷惑をおかけし申し訳ありません。再発防止に努めるとともに早急に返金に対応します」と話しています。