トリエンナーレ補助金 文科相 “不交付は展示内容で判断せず”

トリエンナーレ補助金 文科相 “不交付は展示内容で判断せず”
愛知県で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」に交付する予定だった補助金を、全額交付しない決定をしたことについて、萩生田文部科学大臣は、記者会見で、展示内容による判断ではないと強調しました。
このなかで、萩生田文部科学大臣は、決定の理由について「適正にルールにのっとって申請をしてもらい、採択したものについては、応援していこうというのが基本姿勢だ。しかし、今回の場合は、本来予見をして準備すべきことをしていなかったり、申請通りの中身になっていなかったりしており、残念ながら補助の対象にならないと判断した。展示の中身については、全く関与していない」と述べました。

また、愛知県の大村知事が、決定は承服できないとして、裁判で争う考えを示したことについて「発言は報道で承知しているが、詳細は把握していないので、コメント差し控えたい」と述べるにとどめました。