16歳 グレタさん “もう1つのノーベル平和賞”受賞

16歳 グレタさん “もう1つのノーベル平和賞”受賞
k10012099161_201909252210_201909252232.mp4
地球温暖化対策を訴えているスウェーデンの16歳の少女、グレタ・トゥーンベリさんが、もう1つのノーベル平和賞とも言われている「ライト・ライブリフッド賞」を受賞しました。
「ライト・ライブリフッド賞」は環境や人権問題などに尽くした人にスウェーデンの財団から毎年贈られ、もう1つのノーベル平和賞とも言われています。

ことしの受賞者4人が25日に発表され、地球温暖化対策を訴えているスウェーデンの16歳、グレタ・トゥーンベリさんも選ばれました。

主催者はグレタさんの受賞理由について「科学的事実をもとに、緊迫した気候変動への対策を求める人々の要求を高めた」としています。

グレタさんは去年8月からスウェーデンの国会の前に1人で座り込むなどして地球温暖化への対策を訴え続けていて、今月23日にニューヨークで開かれた国連の温暖化対策サミットで演説するなど、温暖化対策の象徴的な存在として来月発表されるノーベル平和賞についても受賞するかどうか注目されています。

グレタさんは主催者を通じて「この受賞は私1人だけのものではありません。地球を守るために立ち上がることを決めた、すべての仲間たちと受賞したものです」とコメントしました。

グレタさん ツイッターでトランプ大統領に「応酬」

国連の温暖化対策サミットで演説したスウェーデンの16歳、グレタ・トゥーンベリさんが、アメリカのトランプ大統領が投稿した皮肉混じりのツイートを早速みずからのツイッターのプロフィールに引用し、話題を呼んでいます。

グレタさんは、24日、みずからのツイッターのプロフィール欄に「明るく、すばらしい未来を楽しみにしているとても幸せな少女」と英語で書き込みました。

これは、トランプ大統領が、前の日に国連で「人々は死んでいます。生態系は崩壊しつつあります」などと涙ながらに演説したグレタさんについて、「明るく、すばらしい未来を楽しみにしているとても幸せな少女のようだ」と皮肉を交じえてツイッターに書き込んだ投稿を引用したもので、欧米のメディアはグレタさんのユーモアを交えた鋭い反撃を大きく報じています。

グレタさんは今月23日に国連でトランプ大統領とすれ違った際、表情をこわらばせて大統領をにらむ様子も撮影されていて、温暖化対策に消極的な姿勢を見せているトランプ大統領との「応酬」が話題を呼んでいます。

グレタさんに米テレビ局が謝罪

グレタ・トゥーンベリさんについて、アメリカのテレビ番組の出演者が「精神的に病んでいる」などと発言し、テレビ局が謝罪に追い込まれる事態となっています。

発言があったのは、23日のアメリカのテレビ局・FOXニュースの番組です。

この中で、出演した評論家の男性が、当日、国連の温暖化対策サミットで演説したグレタさんについて「精神的に病んでいる。両親や左翼に利用されている」などと発言しました。

その後、発言に対してメディアやSNSで批判が集まり男性はツイッターで「精神的な障害を持って生きるのは恥ずかしいことではない。恥ずかしいのは政治的な主張をするために精神的な障害のある子どもを利用することだ」と釈明しましたが、FOXニュースは謝罪し、今後、この男性を出演させないことを発表するなど対応に追われました。

グレタさんはみずからが対人関係を築くのが苦手なアスペルガー症候群であることを公表していて、「アスペルガー症候群は病気ではない。才能です」と述べるなど、温暖化対策だけでなく障害の受け止め方についても問題提起をしています。