横浜の介護施設 医師数水増し 報酬7億5000万円を不正受給か

横浜の介護施設 医師数水増し 報酬7億5000万円を不正受給か
k10012098511_201909251643_201909251652.mp4
横浜市にある介護施設が医師の数を水増しして介護報酬を請求し不正に受け取っていたことが分かりました。受け取った額は7億5000万円余りに上るとみられ、横浜市は、施設を運営する医療法人に対し、返還を求めるとともに、今後1年間、新規の利用者の受け入れを停止する処分を行いました。
処分を受けたのは、横浜市旭区の介護老人保健施設「希望の森」を運営する医療法人「司命堂会」です。

横浜市によりますと、この施設は平成25年から5年余り、法律で決められた医師の数を満たしているように装って介護報酬を請求し、不正に受給していたということです。

施設は、過去に勤務していた医師の名前を使って実態のないタイムカードや勤務表を偽造して、医師の数を水増しして報告していたということで、不正に受け取った報酬の総額は7億5000万円余りに上るとみられます。

横浜市は法律の時効にかからない過去2年分、1億5000万円余りの返還を求めているほか、それ以前についても自主的な返納を求めています。

施設には現在およそ150人の利用者がいるということで、市は、事業者の指定取り消しはせず、今後1年間、新たな利用者の受け入れを停止する処分を行いました。

医療法人「処分は重く受け止める」

処分を受けた医療法人「司命堂会」は「処分は重く受け止めており、市の方針にはしたがいたい。利用者に極力影響が出ないよう、職員一丸となって対応していく」とコメントしています。