埼玉 秩父で野生イノシシの豚コレラ感染確認 関東初

埼玉 秩父で野生イノシシの豚コレラ感染確認 関東初
埼玉県秩父市で野生のイノシシが死んでいるのが見つかり、検査の結果、豚コレラへの感染が確認されました。野生のイノシシに感染が確認されるのは関東地方で初めてで、県は養豚場などに消毒を徹底するよう求めています。
今月、埼玉県では秩父市と隣の小鹿野町の養豚場で相次いで豚コレラの感染が確認され、合わせて2200頭余りが処分され、現在も周辺の養豚場では出荷の制限が続いています。

こうした中、今月19日の午後、秩父市の住宅の敷地で体が弱った体長1メートルほどのメスのイノシシが見つかりました。

イノシシはその後死に、国の機関で検査をしたところ、24日、豚コレラの感染が確認されたということです。

野生のイノシシで豚コレラの感染が確認されたのは、関東地方で初めてです。

今回イノシシが見つかったのは、今月13日に豚コレラの感染が確認された秩父市の養豚場から北に3キロ余りの場所です。

県は感染経路を調べるとともに、周辺の山林で野生のイノシシを捕獲して感染が拡大していないか調査を続けるほか、養豚場に対し、消毒を徹底するよう求めるなど警戒を強めています。