世界遺産の興福寺も土日・祝日の観光バス受け入れ中止へ 奈良

世界遺産の興福寺も土日・祝日の観光バス受け入れ中止へ 奈良
奈良市にある世界遺産の興福寺は、境内の駐車場を利用する観光バスが急増し交通に支障が出ているとして、来月から2か月間、土日と祝日の受け入れを中止することを決めました。近くにある春日大社も同じ理由でバスの受け入れ中止を決めていて、秋の観光シーズンを迎える中、異例の事態となっています。
奈良市の奈良公園周辺では観光バスなどによる交通渋滞が課題となっていて、県はことし4月、およそ45億円をかけて新たなバスターミナルをオープンさせました。

しかし事前の予約が必要など、使い勝手が悪いという声が相次ぎ、利用台数は6月までの2か月間、想定の半数以下にとどまっています。

さらにターミナルの整備とともに公園内にある県営駐車場の利用も制限されたため、多くの観光バスが別の駐車場に流れているとみられます。

こうした中、奈良公園にある世界遺産の興福寺は、境内の駐車場を利用する観光バスが急増し、渋滞などの支障が出ているとして、来月からの2か月間、土日と祝日のバスの受け入れを中止することを決めました。

近くにある春日大社も境内にある駐車場への観光バスの受け入れを来月から2か月間、土日と祝日は中止することを決めていて、秋の観光シーズンを迎える中、異例の事態になっています。

興福寺は「興福寺を参拝しない観光客のバスの利用もあり、残念だった。県には奈良公園周辺の渋滞を改善してもらいたい」と話しています。
興福寺と春日大社が相次いで観光バスの受け入れ中止を決めたことについて、奈良県の奈良公園室は「秋の観光シーズンにどれほどの影響があるのか懸念している。渋滞を起こさないようバスターミナルの利用を促したい」と話しています。