女子テニス 大坂が大阪で大会初優勝 ツアー4勝目

女子テニス 大坂が大阪で大会初優勝 ツアー4勝目
大阪で開かれているテニスのツアー大会の決勝で大坂なおみ選手がロシアの選手をストレートでやぶり、この大会初優勝を果たしました。大坂選手の優勝はことし1月の全豪オープン以来でツアー4勝目です。
テニスの女子シングルスで世界ランキング4位の大坂選手は、生まれ故郷の大阪で開かれた大会に出場し、21日は2試合をストレートで制すなど初戦から1セットも落とさず、22日の決勝に臨みました。

相手は対戦成績0勝1敗の世界41位、ロシアのアナスターシャ・パブリウチェンコワ選手で、大坂選手と同じくすべての試合をストレートで勝って決勝に進みました。

第1セットは大坂選手が左右のショットを粘り強く拾い、相手の足元をねらった深いストロークで終始主導権を渡さず、6-2で取りました。第2セットもラリーで積極的に仕掛けて相手を動かし、コースを突く鋭いフォアハンドを見せたほか、ミスの少ない安定したストロークで流れを渡しませんでした。

得意のサーブではファーストサーブが入るとすべてでポイントを奪うなど隙を見せず、第2セットを6-3で取り、セットカウント2対0のストレートで勝ちました。

大坂選手はこの大会、2016年と去年の2回、決勝で敗れていましたが、今大会は初戦から4試合すべてストレート勝ちで初優勝を果たしました。

大坂選手はことし1月の四大大会、全豪オープン以来の優勝で、ツアー4勝目となりました。

「大阪での優勝はスペシャル」

大阪市で行われたツアー大会で、自身4回目となるツアー優勝を果たした大坂なおみ選手は試合後の記者会見で「大阪での優勝はどのツアー大会の優勝よりもスペシャルなものだと思うし、この大会は以前から優勝したいと思っていた。ここ数か月、調子があまりよくなかった中、ここでいい結果を出せたのは運命のような感じがするし、とても気分がいい」と話しました。

そして、去年、全米オープン優勝直後に出場した前回大会と比較し「今大会は、よりいろいろなことに感謝する気持ちを持って試合に臨むことができた。去年は、どこか決勝まで進むのは当然だと思っていたところもあったし、注目を浴びることに慣れていなかった。今は少し慣れてきていて、より試合に集中することができていたと思う」と話していました。

22日の決勝については「朝のウォーミングアップで風が強いと感じたので、過去の試合に比べればそこまでひどくないと自分に言い聞かせて、うまく対処できるように心構えをして臨んだことが成功したと思う。決勝はストロークが攻撃的に打てていたのが、とてもよかった」と振り返っていました。