キャンプ場で不明の女児 天候悪化で捜索中断 山梨 道志村

キャンプ場で不明の女児 天候悪化で捜索中断 山梨 道志村
山梨県道志村のキャンプ場に千葉県から家族で来ていた7歳の女の子の行方が21日の午後からわからなくなり警察と消防が行方を捜しましたが見つからず、天候が悪くなったとして22日午後4時、捜索はいったん中断されました。23日朝から捜索を再開するということです。
警察によりますと行方がわからなくなっているのは千葉県成田市の7歳の女の子で、21日から、山梨県道志村の「椿荘オートキャンプ場」に母親や姉のほか、6つの家族のグループと訪れていました。

女の子は、21日午後3時40分ごろキャンプ場に設営したテントの近くで一緒に来ていた子どもたちとおやつを食べたあと、先に遊びに出た子どもたちを1人で追いかけたあと行方がわからなくなっているということです。

現場は、道志村役場から東に2キロ余り離れた山間部にあるキャンプ場で森林に囲まれ近くに沢があります。

警察と消防などが22日もヘリコプターとともに行方を捜しましたが女の子は見つからず天候が悪くなったとして午後4時、いったん捜索は中断されました。

警察などは23日朝から捜索を再開するということです。警察によりますと女の子は黒い長袖シャツに青っぽい色のズボンをはいていたということです。