中国習主席 サウジアラビア国王と電話会談

中国習主席 サウジアラビア国王と電話会談
中国の習近平国家主席はサウジアラビアのサルマン国王と電話で会談し、サウジアラビアの石油関連施設への攻撃を非難したうえで、関係各国が、地域の緊張をエスカレートさせる行動をとらないよう呼びかけると述べました。
中国国営の新華社通信によりますと、会談は20日に行われ、サウジアラビアのサルマン国王が石油関連施設への攻撃の状況について説明しました。

これに対し、習近平国家主席は「今回の事件は湾岸地域の情勢と国際的なエネルギー市場に衝撃を与えるものであり、中国は非難する。今回の事件について、全面的で公正で、客観的な調査を行うよう望むとともに、関係各国には地域の緊張をエスカレートさせる行動をとらず、地域の安定を守るよう呼びかける」と述べました。

また、会談で、両首脳は、互いに戦略的関係の強化を進める考えも示しました。

中国は、中東ではサウジアラビアだけでなく、敵対するイランとも緊密な関係にあるだけに、地域の緊張を高めないよう早期の事態の収拾を期待した形です。